2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« ウェル・オン・ザ・ウェイ | トップページ | ごみの減量(=消費を減らせ) »

2009年6月25日 (木)

エコバッグ課税

カテゴリー「リサイクル野郎」は、リサイクルに端を発し、
環境問題全般について語る分類です。
日本語になってない。

今回取り上げたのは、「エコバッグ課税」。
別に誰かが、そう言っているわけではない。
エコバッグが、環境問題解決の尖兵みたいな顔をしているのが、
単純に気に食わないというだけです。
別名マイバッグ、とも言う。
自分の車についていれば、マイ・エアバッグ。

エコバッグとレジ袋削減は、車で言えば両輪。
でも、家庭でのごみ袋なんかに重宝してるので、
レジ袋が有料化されても、ある程度は必要である。
レジ袋を撤廃しても、
一部は他のビニル袋に取って代わるだけという意見は
案外当たっているかもしれない。

有料化するなら、思い切った値段をつけて、
その一部を、グリーン税として、環境保全に回したい。
エコバッグも、ノベルティその他で、かなり出回っているので、
どこの家庭にも、必要以上に集まっているのではないか。
だから、エコバッグそのものに、課税する。
それが、今回の私の言わんとする趣旨だ。

それに、だいたいね、
キャンディとか、おかきなどの米菓の個包装。
あれこそ、レジ袋以上の資源の浪費であろう。
だから、外装はしょうがないにしても、個包装には課税する。
おいしさと引き換えに、環境に金を出せ。
それくらいの意気込みで行こうではないか、諸君。
合言葉は、エコバッグ課税。
それだけ。



Tax eco-bags.
Only as for it.


追伸。環境特定財源の是非は、また別の議論ということで…

« ウェル・オン・ザ・ウェイ | トップページ | ごみの減量(=消費を減らせ) »

リサイクル野郎!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/45450867

この記事へのトラックバック一覧です: エコバッグ課税:

« ウェル・オン・ザ・ウェイ | トップページ | ごみの減量(=消費を減らせ) »