公共交通機関説

無料ブログはココログ

« 政治の世界 | トップページ | 遺産、ねえ。 »

2009年6月 1日 (月)

温い!日本の温暖化対策

鈍いと鋭いは、パッと見には似たような感じ(笑)

5月16日の熊日「論考09」で、東京工業大教授 橋爪大三郎先生は、
EUとアメリカの温暖化対策を手際よくまとめている。
EUの太陽熱(太陽光でない!)発電所と、アメリカのスマートグリッド(ハイテク送電網)。
そういうことだったのか。
詳しくは、本紙を読むか、検索してね。

同じ日の「デスク日記」は編集本部 本多孝さん担当。
「(光化学スモッグの)昨今の九州での発生を『もともと高いレベルの汚染があるところに越境分が乗っかった』と指摘する専門家もいる」
中国の生産活動は去年までより落ち込んでいるし、「今回の注意報は高速道路割引で大量のマイカーが繰り出した連休直後」と続く。

社会実験は、高速道路利用者数と料金の相関を調べるだけが能じゃないはず。
なんだけど、それ以上を望むのは無理なのか。
本来そこから先が、政治の出番となるところなんだけどな。

Essentially, it's time for politics.

« 政治の世界 | トップページ | 遺産、ねえ。 »

リサイクル野郎!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 温い!日本の温暖化対策:

« 政治の世界 | トップページ | 遺産、ねえ。 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31