2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« ポスター | トップページ | 持論百論ダドゥロンロン »

2009年4月27日 (月)

視界良好

視界良好
視界良好
3月29日付熊日「江川紹子の視界良好2009」では、裁判員制度と殺人事件の量刑のむずかしさについて書かれていた。
最後の方で「そもそも、『国民感覚』を生かす裁判員裁判は、
凶悪な殺人事件より、贈収賄や巨額の脱税、特別公務員暴行陵虐罪などの権力犯罪や、
国家賠償訴訟などの国を相手にした裁判で行われるべきだ」とある。
それも一理あるなあ。
ただ、そうなると、殺人事件以上に感情的になりそうな気もする。
どうして裁判員制度が必要なのか。関係の記事を読んでいなかったので、全然わからない。
たとえば木村拓哉みたいに有名な人は、名乗らなくても誰かわかるので、
多分裁判員になれないだろう。

写真は、午後6時頃の水道町。楠の若葉の薫りが舞い降りてきていた。

« ポスター | トップページ | 持論百論ダドゥロンロン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/44815194

この記事へのトラックバック一覧です: 視界良好:

« ポスター | トップページ | 持論百論ダドゥロンロン »