公共交通機関説

無料ブログはココログ

« 蕾 | トップページ | 悲しきレイン・トレイン »

2009年3月13日 (金)

シュレッダーダストが消えぬまに

2月24日の熊日の記事。
資源リサイクル業のエコポート九州が、熊本市の熊本港臨海用地に、再資源化工場を建設するという。
興味を惹いたのは、次の部分。
「裁断機で処理した紙は繊維が切れて再生しにくい」
この工場では、企業や行政の機密文書は、それらの担当者立ち会いの元で、そのまま溶解、
その後、製紙会社で再生されるそうだ。
みなさん、シュレッダーペーパーは直接、再生紙に生まれ変わると思っていたでしょう。
私はそう思ってました。
実際は、今どこでどのような運命をたどっているのだろうか。
もちろんバージンパルプと混ぜて、再生されているのだとは思いますが…


Like a virgin pulp.

« 蕾 | トップページ | 悲しきレイン・トレイン »

リサイクル野郎!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュレッダーダストが消えぬまに:

« 蕾 | トップページ | 悲しきレイン・トレイン »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31