2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 考える耳 | トップページ | タクシー »

2009年2月25日 (水)

オン・ザ・ロード・ムービー

水谷豊の新聞記者支局ものや、浅見光彦シリーズは好きだったが、
「相棒」シリーズは見ていなかった。一部に根強いファンがいるのは知っている。乗り遅れてしまったのだ。
ところが、先日たまたまテレビのコンセントを入れると(省エネのため、コンセントで入切をすることになっている)、
「相棒」に岸恵子さんが出ていた。この回は、刑事コロンボのような作りで、
国広富之の、うらぶれた元二枚目の結婚詐欺師というのもよかったが、
さすがの岸恵子さんも、老境で多少危うげなところもある(失礼!)とはいえ、
余裕のある洒落たドラマになっていた。
さすがに人気あるドラマは冒険が許される。と見終わって、スタッフに監督 和泉聖治の名前を見つけた。
ピンク映画出身で、1982年松竹映画『オン・ザ・ロード』で晴れて一般作品デビュー。
真ん中に一本太い芯が通っていることが、面白い映画の条件であることを、このとき知る。
単純でいい。ぶれないこと。あとは枝葉末節に過ぎない。
それがすべてではないが、少なくとも娯楽映画の王道だろう。
他にもテレビの単発などで、実にいい作品を残している。悲しいことに、ストーリー他、すっかり忘れて、感動した記憶しか残っていないけれど(苦笑)

Fellows.

« 考える耳 | トップページ | タクシー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/44175072

この記事へのトラックバック一覧です: オン・ザ・ロード・ムービー:

« 考える耳 | トップページ | タクシー »