2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« マッグーハンさん死去 | トップページ | 解体新書2 »

2009年1月29日 (木)

ワールドワイド・ワースト

NHK-FMのニュースで、麻生太郎首相とアメリカのオバマ大統領が、電話会談をしたと言う。
10分間と言えど、実際に言葉を交わすことの意味は大きいと思う。
しかし、アメリカ合衆国が普通の情報収集能力と、分析力を持っているなら、
日本の現政権に期待など持てないことは、わかりきっているだろう。
落日は、翌朝朝日となって昇ってくるものだが、そのまま海に落ちて、ジュッと消えて炭になるものもある。
前にも書いたかもしれないが、未曾有の経済危機に対処するために、
政治空白は作れないと言って、総選挙を先延ばしにしちゃったことで、
空前絶後の政治空虚を作り出してしまった麻生太郎の責任は重い。
重いのは重いのだが、もはや取ってもらうべき責任の欠片すら見当たらない。
もし、自殺するしかないと思い詰めている人がいたら、その人にこう言ってやってください。
「麻生太郎だって、のうのうと生きてるんだから」


"Fuck me." Harry Callaghan spit it out.

« マッグーハンさん死去 | トップページ | 解体新書2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今日の国会聞いてても、救いようが無い。この人と日本は野垂れ死にするのか?。でも麻生も選挙で選ばれてる分けだし。福岡何区だっけ?。投票所に足を運んで”麻生”と書いた人に何故?と聞いてみたい。が、それって民主主義なんだよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/43891641

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドワイド・ワースト:

« マッグーハンさん死去 | トップページ | 解体新書2 »