2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 冒険者たちの続編 | トップページ | 熊本ステーションに降り立てば。 »

2009年1月16日 (金)

1984

1984
『とうに涅槃をすぎて』橋本治著
徳間文庫 360円
1984(昭和59)年発行

買ったときに読んだんだよな。読んでたことを部分的に思い出した。
入浴本。一度手から滑り落ちて、お湯をかぶった(笑)
最近『橋本治と内田樹』筑摩書房刊 1890円 を出して、ちょっと評判になってるんじゃないだろうか。
橋本治氏の多作には、とてもついて行けないが、内田樹氏もすごい。部数ではなく出版点数で稼ぐ。これがロングテールというやつか。
「橋本治が橋本治になるために読んだ100冊の本」の中にカート・ヴォネガットが5冊選ばれていた。
また、橋本治はパンタと友だちである。
内田樹は硬派だがミーハーで、自著『村上春樹にご用心』のタイトルを大滝詠一の「あの娘にご用心」から取ったとのこと。
「あの娘にご用心」は、もともとジュリーこと沢田研二のために書かれた四度進行の循環コードで作られた歌曲。

The great Hashimoto, whether you like or dislikehim.

« 冒険者たちの続編 | トップページ | 熊本ステーションに降り立てば。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/43760514

この記事へのトラックバック一覧です: 1984:

« 冒険者たちの続編 | トップページ | 熊本ステーションに降り立てば。 »