2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 非礼代表 | トップページ | モダン・タイム・アフター・タイム »

2008年12月16日 (火)

晴れ永遠(トワ)的「給付金の意義」

麻生太郎首相が、総額2兆円の定額給付金について、
「高額所得者は多額の金をもらっているので、1万2000円をもらうのはさもしい」という趣旨のことを言っていたらしい。
この給付金は「困っている人にと発想した話で、1億円も収入がある人はもらわないのが普通だ。
人間の衿持の問題なのかもしれない」と15日の参院決算委員会で発言したと、熊日で読んだ。
おかしい。
緊急経済対策の一つだと言ってたんじゃなかったのか。
それって、バラマキですと認めているようなものだ。
私は、どんなに高額所得者でも辞退すべきではないと思う。
もらって、寄付するのもよかろう。そのときも、是非商品を現金で買って、現物を寄付してほしい。
1万2000円の重みを、実際に感じて、高額所得者としての自分の責任を再認識したらいい。
国内でお金を回すこと、それが内需拡大というものだろう。
貧乏人も金持ちも等しく、給付金を使って、日本に住む者としての連帯を噛みしめよう。
それが真の衿持だ。

Is my thought strange?

« 非礼代表 | トップページ | モダン・タイム・アフター・タイム »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/43440626

この記事へのトラックバック一覧です: 晴れ永遠(トワ)的「給付金の意義」:

« 非礼代表 | トップページ | モダン・タイム・アフター・タイム »