2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな


無料ブログはココログ

« 苦渋の責任 | トップページ | 晴れ永遠(トワ)的「給付金の意義」 »

2008年12月16日 (火)

非礼代表

自民党の古賀誠選対委員長が、次期衆院選比例代表で、公明党との協力を完全解消したいらしい。
朝、Love FMのニュースで聞いて、「何でまた?」と思ったものだが、
恐らく、古賀氏、自分の選挙区では落選当確(当然確実)が出てるので、
何としても比例で上がるぞという執念を見せることで、
翻って、選挙区の締め付けをやりたいのではないだろうか。
解説されなくても、わかってるって!?

Breaking up is not always hard to do.

« 苦渋の責任 | トップページ | 晴れ永遠(トワ)的「給付金の意義」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 非礼代表:

« 苦渋の責任 | トップページ | 晴れ永遠(トワ)的「給付金の意義」 »