2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 緊急経済対策 | トップページ | 夕暮れの花壇 »

2008年10月30日 (木)

国際社会とは。

28日、毎日新聞の「記者の目」というコラムに阿部周一記者が、こう書いていた。
「麻生太郎首相は『給油活動は国際社会の一員として当然の責務』と言うが、
泥沼化した現実を顧みない口ぶりは、まるで
『国際社会』の中にアフガン国民は存在しないかのようだ」

そうだったのだ。給油活動は継続すべきではないと、漠然と考えていたが、
この文章を読んで、反対する理由を明確にできた。

国際社会とは、どういう社会かをよく考えもせず、「国際社会」という定義を持ち出している。
麻生太郎だけではないだろう。
「金融危機」と言えば、何でも通っちゃう、今年の方便大賞。
誰が首相でも、どうにもならないことに、自分しかできないみたいな言い方しやがるし。

国際社会の会議に出席して、麻生首相の言葉に感服する他国の代表がいたら、
その人の底も割れている。あるいは、おとなの対応で、感服したふりをするのだろうか。

The member of the global community.

« 緊急経済対策 | トップページ | 夕暮れの花壇 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/42951728

この記事へのトラックバック一覧です: 国際社会とは。:

« 緊急経済対策 | トップページ | 夕暮れの花壇 »