2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 二子石義之展の告知 | トップページ | 球磨焼酎の技 路面電車24 »

2008年8月19日 (火)

渋滞学

『渋滞学』という本が出たとき、面白そうだなと思ったきり、
忘れていた。
8月18日の熊本日日新聞夕刊「モザイク21世紀 学問はいま」
という記事を読んで、思い出した。
東大大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻准教授 西成活裕さんが、その著者。
しかし、本書を読まずして言うのも何だけど、
記事で読む限り、高速道路での渋滞が基本になっている様子。
「(高速の上り坂では)車間距離が40㍍以下になると渋滞になる」とのこと。
上り坂で、それと気づかずスピードが落ちると、
後続車が次々にブレーキを踏んでいくかららしい。
学問的には、その単純化で、学際的に応用も効くのかもしれないが、
現実生活では、一般道路の、信号が原因と思われる渋滞が問題である。
「一般道の渋滞では、車間距離をつめるべきだ」が私の持論です。
先の信号と次の信号の区間に、何台の車が入るかが、重要な気がするんだけど、
理論的には、大差ないのかもしれない。
渋滞だから、焦ってもしようがない、という気持ちもわかるが、
漫然と運転をしてると、車列はダラダラと長くなる。

ある地点を過ぎると、車がスイスイ(なんか表現古い)流れるようになる。
そのとき、ラロ・シフリンの音楽が流れてくる

« 二子石義之展の告知 | トップページ | 球磨焼酎の技 路面電車24 »

シリーズ・公共交通機関説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/42212498

この記事へのトラックバック一覧です: 渋滞学:

« 二子石義之展の告知 | トップページ | 球磨焼酎の技 路面電車24 »