2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の31件の記事

2008年6月30日 (月)

お米電車 路面電車16

お米電車 路面電車16
JAの「熊本のお米」の広告。
産地間競争があるので、熊本県民は、熊本の※を
それと意識して食べてくれと言いたいのだろう。

デザインの良し悪しは別にして、
広告効果が疑問である。正直言って。

あ、観光客向け?


The rice of Kumamoto is delicious.

2008年6月29日 (日)

路面電車15

路面電車15
シンプルストレートな超低床。
でも、なんか広告がないと不安な感じがする(笑)

こういうスマートな路面電車が走る街って、
それだけで十分スタイリッシュだと思うんですけど。

全国の皆さま、熊本市のLRT体験にいらして下さい。
熊本城などの入場料の割引がついた1日乗車券もあります。
乗り放題!500円。
電停に関しては、まだ改良の余地がありますけど。

Only 500yen take you all over.

2008年6月28日 (土)

大家族主義 路面電車14

大家族主義 路面電車14
熊本ファミリー銀行の前身は、熊本銀行と肥後ファミリー銀行で、
それぞれその前は、熊本相互銀行と肥後相互銀行だった。
私のホームタウンは、熊本県大津町であるが、すっかり寂れた旧国道沿いにあった両行の建物はよく覚えている。
私が小学生のころの同級生は、学期の替わり目によく転校したものだ。
勤め人の自家用車は珍しく、道路事情も悪かったので、
マイカー通勤なんて、「スーパージェッター」の世界みたいなもんじゃったー。
というわけで、父親の転勤の際、子どもたちは一緒に引越す。だから夏休みが終わって2学期になったら、
(挨拶もなしに)転出してる子がいて、転入してくる子がいた。

話は長くなるので、割愛するが、
父親が、熊本相互銀行の支店長だったその女の子も、
そういう一人だった。
2年生の3学期に越して来て、6年の2学期にはいなかった。
そういうものだった。


So it goes,and so has it gone.

2008年6月26日 (木)

アラジン

コンビニの終夜営業見直しが話題になっている。
誰が言い出したのか知らないが、
環境サミットを前にして、どれだけ思いつきを表明するかを競っているみたいだ。

それもまた、電力使用を抑える一つの方法だとはおもうが、
何でもお上が規制しなくては、気が済まないってのはどうでしょう。
消費者自らが考えて行動する。コンビニに行く回数を減らす。
客の減ったコンビニは自然淘汰される。
これは、高城剛が著作『南国日本』の中で書いていたこと。
秋葉原の殺傷事件の加藤容疑者は、ネットの書き込みで、
自分のことを再三「不細工」と呼んでいる。
高城剛は、沢尻エリカのボーイフレンドとしての方が有名だが、
噂になったとき、週刊誌で散々ブサイクと蔑まれた。
同じ言葉なのに、その対象は、両極端だ。

高城剛って、「アラジンと魔法のランプ」のイメージがあります。


One method to control electricity usage.

2008年6月25日 (水)

セントエルモの灯

セントエルモの灯
ウェディングのエルセルモ熊本。
色合いは、昔の電車ぽいです。
エルセルモというと、見たかどうかも忘れたけど、
『セント・エルモス・ファイアー』という映画を思い出します。
それだけ。


A streetcar of the old-fashioned painting.

2008年6月24日 (火)

本格炭火焼焼き鳥 「とりかく」

本格炭火焼焼き鳥 「とりかく」
22日日曜日、高校の同窓会(岳鷹会という)の総会終了後、
先輩方3人と、どこかに寄って行こうと宛てもなく、
銀杏北通りに曲がったところ、
店先に立っていた青年と、目が合ってしまったという理由で、
この「とりかく」に入りました。
3人とも中国人で、河南省と山東省から来たと言ってました。
名前も聞いていたような気がするが、
なんせ、えぇくらって(酔ぅくらって。これも熊本弁か)たので、
名刺をもらったことしか覚えてない。
ブログに書くという約束もしたし…

所在地 熊本市花畑町11-27 TM5ビル1F
TEL(096)354-1811

こざっぱりした店で、安価。
一度行ってみて下さい。
「晴れ永遠」見て来ました、の割引の話は、してません。
悪しからず。


A full-scale charcoal fire ware barbecued chicken with bamboo sticks.

2008年6月23日 (月)

だって地球は丸いんだもん 路面電車13

だって地球は丸いんだもん 路面電車12
きれいな色です。
でも、leafが4枚で、なぜ複数形にならないのか。
もちろん、フォーリーブスじゃ、本家ジャニ系に訴えられるか(笑)

健康食品、ネットワークビジネス、その他いろいろ。
検索したら、全国に農園を作るなんて話もあった。


Why do not four pieces of leaves become the plural form?

2008年6月21日 (土)

家庭菜園&ドッグラン 2

(前項の続き)

庭の半分(16坪)は、家庭菜園。トマトやキュウリを作ったり、
果ては、米や麦、大豆だって作れそう。
あと半分は、都会の犬がヨダレで水溜まりを作るかも…の、ドッグラン。
それも、わが家の庭です。

※お問い合わせは、経生不動産⇒Tel(096)372-7013


これで、2,190万円。安い。
それは、なぜか?
ワン&オンリー、ここしかないからです。

なぜ、私がそれを推薦するか。
私がそこに気軽に遊びに行きたいからです。

明日まで、オープンルーム。というか、事実上オープンハウス。
庭には、外からの専用出入口があります。便利です。

A private vegetable garden and a dog orchid.

家庭菜園&ドッグラン

家庭菜園&ドッグラン
家庭菜園&ドッグラン
梅雨って、こんなだったっけ、と実感が伴わない大雨降り。
オープンルームのマンションを見学に行って来ました。
場所は、熊本市渡鹿6丁目。
4LDK(28.77坪)に、なんと!専用庭32坪付き。
写真では分かりにくいかもしれませんが、
これで、2,190万円。いい値段でしょう。
あの加藤清正が、灌漑用水を引くために普請した
歴史的建造物、渡鹿堰のすぐ横。これだけで、熊本城内に住んでいるほどの価値(笑)
ま、一応中古ですが、築年は、平成17年7月。ほとんど新品。

※お問い合わせは、経生不動産⇒Tel(096)372‐7013
夜中でも、転送で連絡つきます(多分)続く

2008年6月20日 (金)

チキンレース 路面電車 12

チキンレース 路面電車 12
チキンラーメン・マニアがいるとすれば、
いや、実際いると思うが、
この車両は殿堂入りだろう。
熊本市交通局が、利用者減少による運賃収入の低下をカバーすべく、
ラッピング広告を始めたのが、何年前だったか忘れたけど、
確か、チキンラーメンが、その栄えある第1号だったと思う。
自分が、昔お世話になった食べ物だから、というだけではなく、
ブランドとしても、デザインにも、ある種の洗練がある。
他社には、力強さ、訴求力を、見習ってほしい。
とはいえ、真夏には、ちょっと暑苦しいぜ(苦笑)


The design which is slightly sultry in summer.

2008年6月19日 (木)

縮むクルマ経済 路面電車 11

縮むクルマ経済 路面電車 11
「公共交通を軸としたコンパクトなまちづくりの推進」
こんな提言をまとめたのは、どこの団体だと思いますか。

今日の日本経済新聞の「縮むクルマ経済」という記事に出ていたのですが、
その団体とは、大手ゼネコンで構成する
日本建設業団体連合会のこと。

そして、参考例は、
熊本市もお手本にするつもりだった富山市。

細かいデータは、本文を参照してくだされ。

こういうコンパクトな連載で、ちょっとしたインパクトを与えるのは、
圧倒的な取材力を誇る(かどうかは知らないが)
日経の得意技。

ただ、日建連が独自の研究で、この結論に達したと言うより、
国土交通省の意向に沿ったものと考える方が自然だろう。

写真の広告は、最近自社ビルを建てた熊本の県民共済。
肥後銀行の子会社みたいなものか。


The necessary condition of the town compact as for the maintenance of a convenient public transport system.

2008年6月18日 (水)

パレード 路面電車 10

パレード 路面電車 10
東京ディズニーリゾートは、25周年らしい。
私は、残念ながら一度も行ったことがない。
が、一生の内に、是が非でも一度は行ってみたい、という気も、
さらさらない。

華やかさは、らしさ満載だけど、やっぱり折込広告の域を出てませんな(笑)
少なくとも、私には効果なし。


It is not over the level of the insert.

2008年6月17日 (火)

CHANGE, THE WORD

木村拓哉主演の月9ドラマ、しかも5月中旬にスタートなんて、
視聴率しか頭にない、CHANGEふうに言うと「選挙しか考えない」
番組で、辛口批評の餌食となることは目に見えていた。
私も、そういう視点で最初は見ました。
というか、展開が早いので、気づいたときは、補欠選挙に当選してましたけど。
友人曰く、初当選でいきなり首相なんてのが、まったくあり得ないことなので、
そのあとが、何でもあり、になる。つまり、
これは、非現実ですよと最初に宣言しているから、
どこまでも理想を描ける。
ドラマには二通りあると私は思う。
一つはファンタジー、もう一つはリアルである。
「CHANGE」は、リアルです。
すみません、
絵空事がなんでリアルか。
これ感覚的なものなので、説明は省略します。

木村拓哉は確かに、役に成りきる以前に、
彼自身でしかない。不器用というより、それを期待する向きがあるから、
仕方がない。
深津絵里も、阿部寛もまた、しかり。

でも、それに加藤ローサを加えた4人が、自宅居間でミーティングをやるとき、
まるで、リチャード・レスター監督のビートルズ映画なのだ。
これが、私が最初に気づいた面白さ。

ところが、政治課題自体は、ちょっとお粗末なのに、
駆け引きの綾は、つづれ織り。うまいんだよ、これが。
レベル的に高からず低からず、
このドラマを見て、現実の政治に興味を持ったりした若者に
冷たくしないで、合いの手を。

ちなみに`CHANGE´は、アメリカ大統領候補オバマのキャッチフレーズですね。
ちょっと安直(笑)

I think that I have it of two kinds to a drama.
As for one,fantasy, another real.

2008年6月16日 (月)

ボルサリーノとボルケーノ

ボルサリーノとボルケーノ
よくぞ、今まで持ってました。
そういうレコードが何枚かはある。
映画は、1969(昭和44)年製作、日本公開が翌年だったのではないか。
『ボルサリーノ』ってタイトルは、邦題だとずっと思っていたが、
どうも原題みたいだ。
レーベルに、
Bande Sonore Originale Du Film “Borsalino”と印刷してあった。

あの頃は、ジャン・ポール・ベルモンドより、アラン・ドロンの方が、
かっこいいと思っていたが、
まあしようがない。ガキだったんだから。

でも、以降ベルモンドの映画も結構見た。
熊本予備校に通っていたとき、井手君と名画デンキで見た
『おかしなおかしな大冒険』は、私とジャクリーン・ビセットとの運命の出会いだったので、
特に思い出深い。
夢の中とはいえ、ジャクリーンは、私の生家の二階の
私の部屋に来てくれたのだ。
どんなレコードを聞かせたのか忘れたが、
彼女のブルーグレイの虹彩は忘れない(嘘っ)

『ボルサリーノ』に関しては、最後にベルモンドが死ぬ話だったことしか覚えていない。

Jackie said in this way,  "Pronounce my surname to say Kiss It."

2008年6月15日 (日)

超ラク! 路面電車 9

超ラク! 路面電車
これは、明和不動産。
デザイン的に、少し散漫。
賃貸は、広告効果が高いのだろうか。

インパクトの無さが、かえって効果的!なのかもしれないが、
少なくともイメージアップとしては有効かな。


Will an advertisement effect be high for a
person who looks for an apartment?

2008年6月14日 (土)

三谷幸喜とフジ参詣

三谷幸喜とフジ参詣
※この文章は、映画作品評ではなく、周辺業務に関する批評です。

三谷幸喜が、映画『ザ・マジックアワー』にかける熱意は、
これが転けたら、
次の作品が撮れなくなるのでは、という強迫観念の裏返しなのかも。
と、ついヒニクリたくなるほど。
映画は、映画界という産業全体ではなく、
単発の作品がどれだけ稼げるかが重要だ。
この映画にしても、製作のフジテレビは、マジックアワーならぬ
ゴールデンに古畑任三郎の再放送を、
□再ではなく、レジェンドSPと銘打って放映したり、
局を上げて番宣(映画も番組の一つ)やっている。
それで、昨日のイチローのやつを少し見たら、やはり面白い。
どうせ作るなら、しっかりとした番組を作んなさいよ、
スポンサーは変わっても、番組は使い回せるでしょう。の見本です。

民放は、CMの合間に番組を流すのが基本なので、それが普通だか、
三谷氏は、NHKの番組にも何本かプロモ出演していた。
人気作家は持ち上げられるってことか。
「サラリーマンNeo」では、キャスターのネオミ嬢に映画発言を封印されるという
自虐ギャグが、少々痛かったけど。

The person whom the self-torture material becomes.

2008年6月13日 (金)

タウンページだ 路面電車 8

タウンページだ 路面電車 8
こうなると、タウンページですね。
私立探偵ってやつでしょうか。

アメリカ映画に出てくる探偵は、金で雇われて(当たり前)、
最初のうちは、善も悪もない。それがいつの間にか、情にほだされちゃって、
美女とか子どもとかの味方をしたりしている。
それでも、どっち側が、正しいとかは簡単に言えない。
みんな、「自分は間違っていない。悪いのはあっち」と思ってるからね。


Such a thing does not have bad me even if you say.

2008年6月12日 (木)

雨の築城400年

雨の築城400年
昨日の雨は、まことに雨らしい雨でした。

夕暮れの熊本城が、ほんのりと浮かび上がっていたのは、
空の日の名残や街灯の乱反射だったのか。


The Castle which appears for the trace of the day in the rain.

※英訳は、auの翻訳ソフトに頼っています。

本人?

太田出版から「本人hon-nin」という季刊誌が出ている。
第7号の特集は、真木よう子だ。
真木よう子といえば、テレビドラマ「SP」でブレークアウトした女優で、
熊本では、熊本放送火曜日深夜、
「週刊真木よう子」が放映中。
途中で気づいたので、まだ2回しか見ていないが、
まあ、そこそこですねん。
それはそうと、この「本人」において、彼女、漫画家のうすた京介と対談している。
彼女が一方的に憧れていたらしい。

で、このうすた京介は、私の高校の後輩で、まあ彼は美術コースではあるが、
一応、陽美会の後輩ということになるか。
昔、陽美展で、自作コミックの私家版コピーを500円で売っていた在校生がいて、
いま思うと、ウルトラマンのキャラを使ったパロディが、なかなかよく描けていた。
その作者が、うすた京介ではなかったかと思うのだが、
後年、部屋を片付けていたとき、他の「その他紙類」と一緒に、
リサイクルに回したので確かめようがない。

もし、本人だったとしたら、
そのリサイクル古紙にまた、彼の作品が印刷されたかもしれない。
リーインカネーション。

というわけで、今日は少し先輩風を吹かせてみた
リサイクル野郎でした。


Is it the person himself?

2008年6月11日 (水)

いわゆる ひとつの LRT 路面電車 7

いわゆる ひとつの LRT 路面電車 7
広告は、不動産の日経地所。
まあ、品よくまとまっている方だろう。
ただ、「きれいな地球を守ろう」みたいなスローガンでは、
もはや現実を変えることは難しい。
その点、この電車の「地球さんちのお家 みんなで手入れが必要です」は、
積極的な提言をしていると言えないこともない。

ただ、「地球さんちのお家」という表現を使うセンスは、mmmである。
また、「手入れ」の意味するところは、エコとばかりは言えないかも。


We will do care of the earth.

2008年6月10日 (火)

昨日の続き…

昨日の続き…
昨日の続き…
70年代は、現在とは違った意味で閉塞状況にあった。
それで、鳥になりたい、自由に空を飛びたい
なんて歌がたくさんあった。
飛行機に乗るのが、たまらなく贅沢だったせいかもしれない。
教科書にも載ってる「翼をください」を、
今の中学生が歌うのを聞くとき、少し感じる違和感。
でも、変わったのは自分の方なんだろうけど。

で、この写真撮りながら、夜の蝶とはよく言ったもんだな、
と思った次第。


The night butterfly,they expressed it well.

2008年6月 9日 (月)

水彩画の町

水彩画の町
中1の美術の時間に、学校の中庭の睡蓮を描いた。
新学期が始まってすぐだったような気がするが、
今頃咲くのだったか。
今日抜け道に使った立田山自然公園の池で撮影。

もちろん実物の方が、美しい。可愛い蝶も舞う。虫もいるけど。


Down by the pond where the water lily blooms.

2008年6月 8日 (日)

野鳥ケータイ図鑑

積水ハウスは、社会貢献活動「5本の樹」運動の一環として、
携帯で利用出来る(もちろんPCでも)野鳥ケータイ図鑑サイト
http://5honnoki.jpを公開している。
樹木の解説・お手入れ方法が見れる、鳥の声が聞ける。
わが家で、試しに鳥の鳴き声を鳴らしたら、
気のせいか、外で小鳥が反応したような。
もちろん無料です。


Wild birds and trees illustrated book mobile

カラー・パープル 路面電車 6

カラー・パープル
きれいなパープル色です。化粧品の類いらしい。
テレビCMやってるのと同じでしょうか。


Clean purple

2008年6月 7日 (土)

堅ったいこと言わずに路面電車 5

堅ったいこと言わずに路面電車 5
NTT西日本のフレッツ光です。
西日本は、長澤まさみがCMに出てるんですよ。
NTT東日本エリアの人、うらやましいでしょう?
でも、CM的には、たいしたことありません。
彼女が出るドラマも、総じて、そんなもんですが(苦笑)

白い現金輸送車と重なるなんて、なかなかないシチュエーションと思いませんか(再苦笑)


Without saying a firm thing;a streetcar 5

少年ケニヤ

少年ケニヤ
5月29日の熊日「識者評論」に、環境活動家ワンガリ・マータイさんの談話が掲載されている。
「これまで、毎年毎年、数知れないほどこうした会議が開かれ、
同じような議論が行われて、結局何も変わらなかった。
だが、私たちはみんな知っているはずだ。
アフリカは本来、貧しい大陸ではないということを」
第4回アフリカ開発会議(TICAD)に向けての発言だ。

私にしても、そのペンネームを、過去の偉大な黒人奴隷から、
搾取しているので、大層なことは言えない。
いや、ケニヤとキンヤが発音的には、元々非常に近い、
ということもあって、親近感はあった。
少年の頃に好きだった「少年ケニヤ」のせいかもしれない。

それはそうと、資源争奪戦で、日本は周回遅れになりつつある。
だいたい、争奪戦と、つい書いてしまうのが、無神経なんだけど。

自国の最大利益のために、皆行動する。
グローバルな企業は、自社の最大利益のために行動するしかない。
そのために国を利用する。

2008年6月 6日 (金)

ヒニクリ・ヒニクラ

「接待タクシー問題」
言い得て妙、だな。
公費でタクシーを使って帰宅するとき、運転手から現金等を受け取っていた
中央官庁の職員。
タクシー会社としては、深夜割増料金で請求すれば、
接待費用は捻出できるのだろう。
昼間料金にダンピングしたと思えばいい。

今日の熊日夕刊には、
「多額の現金授受も判明した財務省の額賀福志郎大臣は
『国家公務員にあるまじき行為。国民の疑惑、不信感を招いたことは遺憾』
と釈明した」とある。

これは、額賀本人の口を借りて、肩書きがしゃべっているのである。
しかし、件の公務員の皆さんは、
「あんたのやってきたことと、そんなに違わないんじゃねぇの?」とか
思ってるんじゃないだろうか。

この文章は、俗に言う「下衆の勘ぐり」です。
風評から総合的に判断して、予断で書いています。
足から頭。じゃなかった(笑)
悪しからず。

自転車のマナー向上必要

5月28日の熊日社説。
「学校などで、自転車のルール教育に力を入れる必要がある。
弱者にも強者にもなる自転車の特性を早くから学ぶことは、
車を運転するようになった時、交通弱者への配慮にもつながるはずだ」

現在、まったく逆の状況にあることは、
皆さま日頃、実感されるところだと思います。
既に成人の方々、いますぐ若いもんのお手本になるべく、
わが振り直しましょう。
それが教育だ。

2008年6月 3日 (火)

渡鹿堰

渡鹿堰
白川のせせらぎの音が、アンビエント。
どこかで聞いたことがあるような、と思ったら、
大滝詠一の『ナイアガラ・ムーン』の導入部のSE。
SEというか、山下達郎まだ無名の頃、
日光華厳滝まで、デンスケかついで、集録に行った生音(笑)

笑っちゃいけないけど。

何も身の危険犯さなくても、
渡鹿堰で間に合ったのに…
いや、やはり滝でなくては、ナイアガラじゃないよな。ってことで。

2008年6月 2日 (月)

路面電車は走る 4

路面電車は走る 4
実現!政令市号です。
隠し撮りってわけではないので、
堂々と撮ればいいのに、満員の乗客が、こっち見てるようで、
変に、変態ぽい卑屈な態度になってしまう。
で、この写真みたいに通行人の頭が写り込んだりしてしまう。
トホホ…

やっぱり、熊本市が魅力的な都市になるには、
政治決断が必要だと思う。
三流の議会と対決するのも一苦労だろうけれどね。

2008年6月 1日 (日)

誰も知らない

誰も知らない
日本では、1975(昭和50)年2月発売。
クリス・トーマスのプロデュースで、加藤(当時)ミカのセリフ入り。
デビュー当時は、アイビーズという名前だったバドフィンガー。
山ほど作ってたオリジナル曲は、アップルでは消耗品だったらしい。
昔誰かが書いていたが、
デビュー作というのは、そのアーティストが、生まれてこの方
作り上げてきたすべてを注ぎ込むので、
傑作が出来て当たり前。
2作目は、1作目以降の自分を出すわけだから、
そこで本当の才能が試されるってね。

確かに、当たっている部分もありそうだ。
しかし、デビュー作に全部放り込めるほどのものしか持ってなかったのか
という言い方も出来る。

それはともあれ、キャッチーなメロディと、軽快なサウンド。
ただ、歌詞に中身がないと言われ続けた彼ら。

ビッグネームとは言えないまでも、残したものは多い。

原題は‘Know One Knows’となっていて、ちょっと投げやりな感じ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »