公共交通機関説

無料ブログはココログ

« アラジン | トップページ | 路面電車15 »

2008年6月28日 (土)

大家族主義 路面電車14

大家族主義 路面電車14
熊本ファミリー銀行の前身は、熊本銀行と肥後ファミリー銀行で、
それぞれその前は、熊本相互銀行と肥後相互銀行だった。
私のホームタウンは、熊本県大津町であるが、すっかり寂れた旧国道沿いにあった両行の建物はよく覚えている。
私が小学生のころの同級生は、学期の替わり目によく転校したものだ。
勤め人の自家用車は珍しく、道路事情も悪かったので、
マイカー通勤なんて、「スーパージェッター」の世界みたいなもんじゃったー。
というわけで、父親の転勤の際、子どもたちは一緒に引越す。だから夏休みが終わって2学期になったら、
(挨拶もなしに)転出してる子がいて、転入してくる子がいた。

話は長くなるので、割愛するが、
父親が、熊本相互銀行の支店長だったその女の子も、
そういう一人だった。
2年生の3学期に越して来て、6年の2学期にはいなかった。
そういうものだった。


So it goes,and so has it gone.

« アラジン | トップページ | 路面電車15 »

シリーズ・公共交通機関説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大家族主義 路面電車14:

« アラジン | トップページ | 路面電車15 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31