2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 路面電車のある風景 | トップページ | 路面電車 2 »

2008年5月29日 (木)

タナボタリック・シンドローム

中国・四川大地震は、
日本国内の公立小中学校施設の耐震化を急がせることになった。
国庫補助率を引き上げて、市町村の尻を叩くという、
一見立派な方針みたいだが、
これまで、耐震診断すら出来なかったのは、
交付税を削った国の政策が、あまりよろしくなかったからとは言えないか。
図書館費を関係ない事業に流用する自治体もあるなんて、
背に腹は代えられぬとはいえ、
淋しい話だろう。
私の住む合志市、合併前の合志町は、
とにかく、小中学校の耐震改修を完了して、合併した。
途中で、合併から抜けた隣町は、企業誘致と関連土木工事を優先。
学校の耐震改修は、始まったばかりだ。
これまで、大地震がなかったからいいようなものの、
それって、リスクマネジメント的には、どうなんだろう。
早期に、無理してまで、耐震改修をしなかったために、
事業費の9割以上を、国に面倒見てもらえるようになる。
得したと手放しで喜べるのは、先に中国の学校が壊れたからだ。
そんなにうまい話とは、予想していなかっただろうけど、
延ばせば延ばすほど、国庫負担が上がるのは道理。

ただ、町の財政基盤を固めるための企業誘致には、
外せないタイミングというものがある。にはある。

だから、結果オ

« 路面電車のある風景 | トップページ | 路面電車 2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/41363249

この記事へのトラックバック一覧です: タナボタリック・シンドローム:

» 政府、公立小中学校の校舎などの施設の耐震化に「国庫補助率の引上げ」検討 [鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み]
政府、公立小中学校の校舎などの施設の耐震化に「国庫補助率の引上げ」検討だがわが郷土・川越市はどうなのか???IS値(構造耐震指標)0.19レベルの学校を尻目に「私は市長室4階から急いで逃げ出さないと潰される!」(舟橋川越市長) さる21日、町村信孝官房長官は渡海紀三朗文部科学相と首相官邸で会談、公立小中学校の校舎などの施設の耐震化を促すため、法改正も視野に入れた上での「国庫補助率の引き上げ」�... [続きを読む]

« 路面電車のある風景 | トップページ | 路面電車 2 »