2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« スリーアウト!CHANGE | トップページ | 初夏のかおり »

2008年5月 3日 (土)

ゴールデンウィークは強度でスタート

4月21日熊日の「食再発見 変化のかたち 14」に
寒天の話が載っている。

「一定の条件下で20秒間、つぶれずに耐えられる1平方㌢当たりの最大重量を『ゼリー強度』と呼ぶ」

「市販の糸寒天は300-500㌘とされる」

どの世界にも、強度の基準がある。
私が以前所属していた業界では、強度と言えば、
コンクリートの圧縮強度や曲げ強度。
コンクリートは圧縮には強いが曲げや引っ張りには弱いので、
鉄筋でそれを補う。

耐震偽装で問題になった強度不足は、建築物の複雑な構造計算で
鉄筋量を減らしても耐震性があるように、計算数値を偽造していたもの。
コンクリートそのものの強度とは直接関係がない。


話は戻るが、父の仕事の関係で、鹿児島の指宿に住んでいた母は、
その頃、浜を歩いて、テングサの切れっぱしを拾っては、
寒天を作っていたっけ。

そういうわけで、トコロテンは、夏と海と青春の思い出につながるのでした。

« スリーアウト!CHANGE | トップページ | 初夏のかおり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/41075763

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンウィークは強度でスタート:

« スリーアウト!CHANGE | トップページ | 初夏のかおり »