2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 情けない。 | トップページ | お城中心のまちづくり »

2008年4月20日 (日)

バタフライ・ダディ・フライ

バタフライ・ダディ・フライ
私の携帯は、縁あってauだ。
auは、早くからGoogleと提携していたので、
検索には便利だと思っていたのだが、
実際、携帯サイトはあまり役に立たない。
というか、利用料を払うことが前提の情報のデパートである。
これは、致し方ない。
何が言いたいかと言うと、
これは私の要領の悪さもあるかもしれないが、
ゴールデン・カップスの「蝶は飛ばない」が何年に発売されたか、
ついにわからなかったということなのだが。
多分、1970年頃だと思う。
このジャケット写真の爽やかさに反して、
なかにし礼の書く詞は、重たく内省的だ。
私は、14か15歳で、人生に行き詰まっていた。
何とか、この悩み深い井戸の奥底から抜け出したく、
もがき苦しんでいた。
いま思うと、うそみたい(笑)

それで、「蝶は飛ばない」の英語タイトルは(東芝音工のレコードには、
なぜか必ず英訳タイトルがついていて、英語の勉強になった)、
“BUTTERFLY WON'T FLY”
蝶は、どうしても飛びたくないらしい、という意味。
このジャケット写真を撮ったフォトグラファーのクレジットはないが、
いろいろ問題の多かったカップスの連中が、
ものすごく自然な表情を見せている。
徹夜明けのまばゆさかもしれないが、
青春の光を浴びた彼らが、そこにいる。

« 情けない。 | トップページ | お城中心のまちづくり »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/40938402

この記事へのトラックバック一覧です: バタフライ・ダディ・フライ:

« 情けない。 | トップページ | お城中心のまちづくり »