2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 午後2時のチューリップ | トップページ | だんご3兄弟 »

2008年4月13日 (日)

小泉の書評・二人の秘密の記憶

3月23日の本よみうり堂で小泉が取り上げたのは、
岸田今日子さんの『二つの月の記憶』講談社刊 1500円

「私達は別れる時に、いつも
『またね』と言って軽く抱きしめ合った。
それは二人の儀式のようだった」

うっかりしていたが、二人とも同じ
今日子でしたね。
実は少し前に、蔦屋書店三年坂店で、
ぱらぱらとこの本を立ち読みして、
あれ、岸田さん、亡くなったんじゃなかったっけ、
という印象を受けたのだった。
そのエロティシズムが新鮮で、
生き生きしていたからだ。
変な表現だが、
とても死んだ人が書いたものとは思えなかった。

小泉もいい仕事してます。

« 午後2時のチューリップ | トップページ | だんご3兄弟 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/40864074

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉の書評・二人の秘密の記憶:

« 午後2時のチューリップ | トップページ | だんご3兄弟 »