2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« ドリーム・イズ・オーバー?>3/27/2008・k340 | トップページ | 桜路のさくら »

2008年4月 7日 (月)

幸せはパリで

幸せはパリで
昨日の山下達郎サンデーソングブックで、
久しぶりに、パーシー・フェイス・オーケストラの演奏する
「エイプリル・フールズ」を聞いた。
映画『幸せはパリで』の主題歌で、サントラ盤もある。
カトリーヌ・ドヌーブのセリフが収録されていて、
それだけで価値ある1枚だ。
ただ、サントラ盤と呼ばれてはいるが、
パーシー・フェイスの演奏は、確か映画では使われていない。
主題歌は、デイヴィッド=バカラックの黄金コンビの作品であり、
バカラックが「私の宝石」と呼んでいたと言われる
ディオンヌ・ワーウィックが歌っている。
だが、契約の関係か、シングルのみ。
映画音楽自体の担当は、マーヴィン・ハムリッシュ。
後に『スティング』で、あんなに素晴らしい仕事をするなんて、
誰も想像しなかっただろう。
中学3年頃、この「エイプリル・フールズ」を訳詞したことがある。
作詞家としては、ビートルズより、ハル・デイヴィッドの方が、
優れているような気がしていた。

『M*A*S*H』のサリー・ケラーマンも出ていたのは、忘れてた。

« ドリーム・イズ・オーバー?>3/27/2008・k340 | トップページ | 桜路のさくら »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/40801521

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せはパリで:

« ドリーム・イズ・オーバー?>3/27/2008・k340 | トップページ | 桜路のさくら »