2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 空飛ぶくじら | トップページ | 風をあつめて・くまもと市電結節決戦 1 »

2008年4月11日 (金)

風をあつめて・くまもと市電結節決戦 2

熊本電鉄は、鉄軌道の存廃を人質に取って、
熊本市電との結節を迫ったのだから、
熊本市を主体とした県、合志市の態度に対しては、
電鉄線の廃止しかないだろう。
ただ、それが公共交通事業者として、これまで
散々補助金をもらってきた会社のすることか、
と非難されても仕方がない。
変電設備等の都合で、本数を増やせない
今の菊池電車の輸送能力を考えると、
2両連結のバスを専用道を走らせるという選択肢も
まあ仕方がないかという気がしないでもない。
しかし、問題は、藤崎宮前駅から先をどうするかということだ。
そのまま水道町、あるいは交通センター方面に走らせるなら、
3号線の渋滞を理由にした市電結節断念の論拠は崩れる。
また、藤崎宮前駅で乗り換えなんかにしたら、
ちっとも便利じゃないので、
利用者が増えるわけがない。
つまり、何もせず、菊池電車を廃止させるというのが、
最も合理的な判断ではないだろうか。

« 空飛ぶくじら | トップページ | 風をあつめて・くまもと市電結節決戦 1 »

シリーズ・公共交通機関説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/40846553

この記事へのトラックバック一覧です: 風をあつめて・くまもと市電結節決戦 2:

« 空飛ぶくじら | トップページ | 風をあつめて・くまもと市電結節決戦 1 »