公共交通機関説

無料ブログはココログ

« 風をあつめて・くまもと市電結節決戦 2 | トップページ | 午後2時のチューリップ »

2008年4月11日 (金)

風をあつめて・くまもと市電結節決戦 1

検討委員会の決定について、少々誤解していたようだ。
4月9日(水)の熊日を読むと、
電鉄線の上通・並木坂方面への延伸という案も
残ってはいた。
これには、次世代型路面電車(LRT)によるまちづくりの視点が、
いくらか見受けられるので評価したいが、
幸山熊本市長は、「次世代型路面電車(LRT)導入などを
考えている方々にとっては後退した感があるかもしれないが」
とも述べているので、
新バスシステムで内定しているのだろう。
デュアルモードビークルという、
道路を走れるディーゼル列車の南阿蘇鉄道への導入が
検討されていることもあるし、
バスメーカーの強力なロビー活動があったはずだ。
ということは、当然利権絡みか。

« 風をあつめて・くまもと市電結節決戦 2 | トップページ | 午後2時のチューリップ »

シリーズ・公共交通機関説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風をあつめて・くまもと市電結節決戦 1:

« 風をあつめて・くまもと市電結節決戦 2 | トップページ | 午後2時のチューリップ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31