2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 摩天楼のヒール | トップページ | 使えるバスに一工夫>1/14/2008・k338 »

2008年3月 1日 (土)

命短かし青春

命短かし青春
ふと思いついて、古いEP盤を引っ張り出した。
ザ・ハプニングス・フォーの両A面シングル。
制作年のクレジットがない、ずいぶんいい加減なものだ。
当時はそんなものが多かった。
作曲家編曲家としてのクニ・河内さんを尊敬していたのだが、
「命短かし」は、小谷充さんの編曲になっていたのを訝ったものだが、
あの頃流行ってたリズム&ブルースの第一人者に任せたのだろう。
作詞(当時は作詩表記が多い)は、山上路夫。
多分私は中学生で、毎日人間は何で生きるのか、
と悩んでいた時期だったので、
「どんなに二人 愛しあっても
人の命は はかないものだよ」と突き放され、
「愛した記憶だけが残るよ」とは、どういうことか、
死んでしまったら、記憶なんか消えてしまうだろ、と
若きウェーテルは苦しんでいたのだ。

同じ頃、森山良子さんに「恋人」というヒット曲があり、
作詞は同じ山上路夫さん。
やっぱり、恋人たちには愛した記憶が残るという歌詞だった。

この「残る記憶」が、
生き残った人が、生きている限りにおいて残るものだと
わかったのは、ずいぶ

« 摩天楼のヒール | トップページ | 使えるバスに一工夫>1/14/2008・k338 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/40324386

この記事へのトラックバック一覧です: 命短かし青春:

« 摩天楼のヒール | トップページ | 使えるバスに一工夫>1/14/2008・k338 »