2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 親和銀行、水道町を去る。 | トップページ | はないちもんめ »

2008年3月15日 (土)

金曜日の(エジソンの)母たちへ

金曜日の(エジソンの)母たちへ
今期のテレビ地上波は、
制作側にも、さすがに危機感が募ったのか、
元々、1-3月期はスポンサーの意向が新年度に向かうため、
自由度が高くなるのか、
連続ドラマに収穫があった。

とはいえ、たった3ヶ月とはいえ、
毎週追いかけるのは、結構大変だ。
大変だけど、毎週待ちわびたドラマの一つ「エジソンの母」。

演技力をどうこう言う人がいるので、
伊東美咲演じる規子先生が
最初から、家事の出来るバービー人形と言われ、
婚約破棄されるところから始まったこのドラマ、
人物造形が平凡でも、セリフのうまさで、出演者が輝くことを証明したね。

テレビドラマは、それなりに軽くなくちゃいけない。
でも、その表皮だけを見て、わかった気になっているのは、
せっかくの人生で、ちょっともったいない話。
見てなかった人は、DVDが出たら、ぜひ見て下さい。

主人公の仮エジソン少年は、小学1年生で、学校現場的には
少々問題を抱えている。
それを天才であると、このドラマでは規定しているわけではない。
全体を通して、クラスの子どもたちが

« 親和銀行、水道町を去る。 | トップページ | はないちもんめ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/40504289

この記事へのトラックバック一覧です: 金曜日の(エジソンの)母たちへ:

« 親和銀行、水道町を去る。 | トップページ | はないちもんめ »