2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の24件の記事

2008年3月31日 (月)

TOUR'89スーパーウルトラハード

TOUR'89スーパーウルトラハード
平成元年のコンサートのツアーパンフレットより、
岡崎京子さんの「アイドル刑事」。

スケジュールを見ると、8月29日に来熊している。
熊本市民会館の半分くらいしか埋まってなかった。
それゆえか、翌年は、熊本を飛び越えて、宮崎だった。
ずいぶん迷ったけど、行かなかった。
宮崎出身の永瀬正敏と結婚したのは、程なくしてのこと。
関係ないか?

2008年3月30日 (日)

ローマ字表記のむずかしさ

ローマ字表記のむずかしさ
気持ちはわかるが、
これは、やっぱり「オへ」と読んじゃうな。
とあるマンションの玄関にある表示なんだけど、
`Ooe´とした方が、よほど適切だったと思う。

すみれ色の涙

すみれ色の涙
これって、雑草じゃん!?
つまり、それは僅差である。

上の文章が、試験問題になったとして、2行目の「それ」は、
何を指すのか、
また、それは何のたとえか答えよ、とか問われてもなぁー。

2008年3月28日 (金)

大津キネマ倶楽部上映会のお知らせ

チラシが出来ました。
「a4.pdf」をダウンロード して下さい。

KYは危険予知

工場に勤めていたときは、
労働災害がいつも身近にあったので、
ヒヤリハットとか、KYはTM(タコが出来るよ、耳に)だった。
もう廃れかけているだろうが、
最近までKY語が流行っていたらしい。

略語は、符牒みたいなもので、
仲間意識を高めるとともに、
よそ者を疎外する手段に簡単に変わる。
まさにイジメ社会にぴったりの流行である。

日本では、ローマ字を使うのが新奇なだけで、
タイトルを思い出せないのが残念だが、
ウディ・アレンの映画には、やたらと
アルファベットの略語で会話する、いけすかない野郎が出ていた。

私が好きなのは、
NIMBY である。
Not In My Back Yardの略で、
産業廃棄物処理施設等の迷惑施設を、文字通り
自分ちの裏庭に作られるのだけはイヤだ、の意です。
普通、そんなもん他所に作ってくれるなら、
どこでもいいよ、と解釈される。

2008年3月25日 (火)

カントリー娘

『釣りバカ日誌』なんて、ハナからバカにしてて、
テレビでも、見ることはないんだけど、
昨夜は、伊東美咲が出ているので、
ちょっとつけてみたら、これが面白い。
つまらないドラマより、面白い。あ、当たり前か。

2005年作品だが、伊東美咲の演技は、現在までに
確実に上達している。

尾崎紀世彦扮する父のカントリー酒場では、
カントリーソングのライヴもやっているのだが、
その模様が実に楽しい。
尾崎が歌うのは、当たり前だが、もちろん
浜ちゃん 西田敏行も黙っちゃいない。
でも、伊東美咲と尾崎紀世彦の父娘デュエットが素晴らしかった。
というか、彼女の声が可愛らしかった。

浜ちゃんには、エルビスをやってもらいたかったなぁ。

アメリカのイージス艦に閉じ込められた浜ちゃんがどうなったか、
途中で寝たので知りません。

ちなみに「あしたの喜多善男」最終回も、
寝ていたので、見てません。
花粉症の症状には、「とにかく眠い」というのがあるらしい。

2008年3月23日 (日)

熊本県民文芸賞

熊本県民文芸賞
平成19年度作品賞が送られてきた。
入選作品は、昨年の11月30日に、
このブログにアップしているので、参照されたい。
「小さくまとまりすぎ」という甲斐ゆみこさんの評に
「うっ。痛いところを突かれた」である。

ともかく、書籍に収録されるのは、うれしい。

2008年3月22日 (土)

御用御用っ!御意見無用~

独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
通称NEDOが、平成20年度太陽光発電新技術等フィールドテスト事業を
募集している。
個人住宅は、当然除外される。
これは、研究と名づけた
バラマキだと私は思う。
ただ、研究成果が公表されているかもしれないので、
興味のある方は調べてみてください。

太陽光発電については、こんなチマチマしたことを
している場合ではないと思うのだが。

同様に、社会実験と名づけた高速道路料金の
けち臭い値引き。
社会実験を標榜するなら、実験結果を公表してごらんなさい。
これは、憶測だが、社会実験と銘打つことで、
値引き減収分が、道路特定財源から補填されるとか、
そういう仕組みなのではないか。

中村幸子さんの「ハンド・トゥ・ランド」がやり玉に挙げられているが、
明らかに天下りのための外郭団体によるPR誌の方が、
それを言うなら、もっと悪質だ。
内容は当然、国交省の事業の肯定であり、
体裁上ある程度の品格のある文章が並ぶ。
それは、広報として普通のことだ。
ただ、広報が先か、天下りが先か、そこが重要なところ。
少しは、数も減ったかもしれないが、ほんとに多種多様に出ていたんだから。

2008年3月20日 (木)

スープでおこげ

ハウス食品に
「スープでおこげ」という新製品があるらしく、
テレビでCMをやっていた。
驚きは、なんか聞き覚えのあるCMソング。
毎週更新(みたいに、続々新作がオンエアされる)の
消臭プラグと、同じ曲じゃないかい?

う?む。本当になんでもありなんだな、と感心しました。

レトロとレトルトと

レトロとレトルトと
レトロとレトルトと
1992(平成4)年12月5日号non・no。
表紙に、小泉が出ていたらたいてい買っていた。
雑誌全般そうだと思うが、ファッション誌は特に、
時代を感じさせるねえ。
『バブルへGO!!』ではないが、「眉 太っ」です。
第一勧業銀行の広告にも出ていたのは記憶になかった。
なんか、レトロを演出してるんだか、
その時代がもう既にレトロなのか、
判別がつかない(苦笑)。

2008年3月19日 (水)

大瀧詠一登場!

次の日曜日(3月23日)
「ロック・オブ・オール・エイジズ」に
大瀧詠一さんが、ゲストで出演されます。
少し前に、私がメールで、番組宛に、実現出来たらスペシャルですね
と書き送ってたら、
本当にそうなりました。

熊本では、午後6時からFM791で。
ミュージックバードのサイトがあるので、
他県の方は、調べて見てください。

熊本でも、791のエリアは、熊本市周辺なので、
誰もが聞けるわけではありません。
悪しからず。

慶一and詠一のお二方のキーワードは、
じょーだんじゃねーやーず、
です。

2008年3月17日 (月)

水道町で会いましょう

水道町で会いましょう
水道町は、私の好きな場所だ。
なんと言っても、熊本では、
最も都会的な交差点だと私は思う。
全国レベルでは、地方都市に過ぎないが、
そこが良い、としか誉めようがないのも事実だけどね。

その交差点に、小沢一郎来る(もう来ちゃったけど)と、
鳩山由紀夫演説会の立て看板。ピンク色系。

県知事候補 北里氏の山吹色系と、
同じく蒲島氏の赤青系の看板も威風堂々としている。
それは、あたかも県民の間で、
知事選が盛り上がっていないのを
危惧するように。

民主党がなぜ、ピンクなのかと言うと、
推薦している鎌倉候補が、潮谷知事の後継色を、
ピンクを使用することで、出そうとしているから。
と、これは私の憶測です。

2008年3月16日 (日)

はないちもんめ

はないちもんめ
はないちもんめ
昨日、宮崎県の南郷町から、「南郷町農村女性を考える会
通称のびる会のメンバーの方たちが、視察研修に来られた。

懇親会の場所に選んだのは、
合併前の合志町長秋吉さんの自宅を改造したお店、
「だんご汁 はないちもんめ」。
現役のとき、「あの子がほしい、あの子じゃわからん」とか、
「勝ってうれしい 花いちもんめ」の
政治の世界で苦労してきたことを、
軽く、いなしちゃったネーミング。
なわけ、ないとは思いますが(笑)

最後の町長だったので、引退しても、通称「町長」で良いのかと。

私が、町長のことを志村けんに似ているでしょと言うと
箸が転んでも可笑しい年頃の宮崎女性の皆さ

2008年3月15日 (土)

金曜日の(エジソンの)母たちへ

金曜日の(エジソンの)母たちへ
今期のテレビ地上波は、
制作側にも、さすがに危機感が募ったのか、
元々、1-3月期はスポンサーの意向が新年度に向かうため、
自由度が高くなるのか、
連続ドラマに収穫があった。

とはいえ、たった3ヶ月とはいえ、
毎週追いかけるのは、結構大変だ。
大変だけど、毎週待ちわびたドラマの一つ「エジソンの母」。

演技力をどうこう言う人がいるので、
伊東美咲演じる規子先生が
最初から、家事の出来るバービー人形と言われ、
婚約破棄されるところから始まったこのドラマ、
人物造形が平凡でも、セリフのうまさで、出演者が輝くことを証明したね。

テレビドラマは、それなりに軽くなくちゃいけない。
でも、その表皮だけを見て、わかった気になっているのは、
せっかくの人生で、ちょっともったいない話。
見てなかった人は、DVDが出たら、ぜひ見て下さい。

主人公の仮エジソン少年は、小学1年生で、学校現場的には
少々問題を抱えている。
それを天才であると、このドラマでは規定しているわけではない。
全体を通して、クラスの子どもたちが

2008年3月14日 (金)

親和銀行、水道町を去る。

親和銀行、水道町を去る。
毎日、親和銀行熊本支店の前を通るので、
熊本から撤退するというニュースに、
少しだけ寂しい思いをしている。
これは、昨夜の写真だが、
昼間何か様子が違うと思っていたら、
いつもは外から見えない店内が、内装工事のためか、
ガラス越しに見通せるようになっていた。

それは、斬新な驚きで、街角ウォッチャーを
喜ばせるに十分な趣向に思えた。
なんで、銀行は外から見えない店舗設計にするのだろう。
外から見えた方が、防犯上得策のような気がするが。
プライバシーを要求する顧客には、衝立を用意すればいい。
スタバみたいな銀行、スタバンク。
如何でしょう?

2008年3月13日 (木)

選択の自由への長い道

日経に「やさしい経済学―21世紀と文明」というコラムの連載があり、
東大教授 西垣通氏の担当は、今日までだった。

その中に、
「消費者は自由意思で商品を選んでいるようだが、
実は購買意欲をたくみに
誘導操作されているにすぎない」
という箇所があった。
それだけのことだが、過不足なくまとめてもらって、
たいへん感謝している。

分かりやすく書くと、
自分で、これこそ新しいなんて思い込みで、
流行の先端を行ってるつもりでも、
実は用意周到に仕掛けられていた
なんてことは、
珍しくないってことだ。

2008年3月12日 (水)

バースデー

今日は、私の52回目の誕生日だった。
50歳のときは、それなりに感慨があったような気がするが、
あれから2年、50代に寄り添っている自分がいる。

今日、FM791(熊本シティFM)の「夕方フレンド」に出演。
誕生日のプレゼントまで、届いていたし、
お祝いのメッセージも。

それにしても、私は
他人の話を聞いてないよな。
自分のことだけで、他まで気を回す余裕がない。
だから、せっかくのメッセージ、覚えていません。
悪しからず。

今日かけてもらったのは、
サディスティック・ミカ・バンドの「お花見ブギ」と
ザ・ハプニングス・フォーの「命短かし」でした。

2008年3月 9日 (日)

ひとことで言えるなら、他人事なり

熊本県知事選の立候補予定者討論会の記事を読む。
予定通り、皆さん立候補しましたが。
去る2月25日の掲載。
農業振興に向けた対策で、
蒲島郁夫氏は、農産物の販売促進先として、
首都圏や世界を想定している。
鎌倉孝幸氏も海外輸出に積極的。
矢上雅義氏は、関東、関西向けの販売強化。
北里敏明氏は、自給率向上。
岩下栄一氏は、販路については言及なし。

農家の所得を安定、向上させることは重要だが、
農産物を輸出品目として、私は考えたくない。

同じ日、別のページには、
国際協力銀行室長 本郷尚氏が、書いている。
「農業国である中国が
水の塊である農産物を大量に輸入するようになれば
水の重要性をあらためて思い知らされるだろう」

そのときは、輸出を止めればいいさ、という話か。

フードマイレージ、つまり食品や食材を
生産地から消費地まで運ぶ距離を考慮に入れる
環境経済学的な考え方では、県知事選の主張になりにくい、
のだろう。
まあ、私の考えが青いのかもしれないが。

Mr.ダンディ

東京にいたとき、春木屋というカーテン屋に勤めていた。
三軒茶屋にあって、室内装飾全般を扱っていたので、
お客さんの住まいに寸法取りに行ったものだ。

30年ほど前のこと。
ある日見積りで訪問したマンションにいたのは、
声の感じといい、写真で見覚えのある顔といい、
広川太一郎さんに似た男性。
どうして、本人かを確かめなかったのか
ずいぶん後悔したものだ。
でも、暗くて、話しかけるのも憚られる感じだったし。
もちろん、他人のそら似だった可能性が高い。
だが、私にとっては広川太一郎さんとの出会いということにしておいた。


高校生のとき、深夜やっていたドラマ。
タイトルは思い出せないが、ロジャー・ムーアと
トニー・カーチスが主演で、広川さんの吹き替えが、
まさに筆舌に尽くしがたい。
友人の金田が教えてくれた番組だ。
例えば、「思い出せない。サッパリお茶漬け」とか
「何をおっしゃる、ウサギさん」
「出してたまるか貯金箱」などなど。
吹き替えと言うより、創作芸。
でも、放送されて消えて行くうたかただから、
出来たことかもしれない。
訃報を見て、自分らの思い出をたぐる。
いずれにしても、順送りだもんね。

あ、あの番組、「ダンディ」がついていたような

2008年3月 8日 (土)

200年ハウジング情報

国土交通省では、30年位で建て替えられる
日本の住宅の寿命を延ばして、
200年もつ家を作るように政策で誘導するらしい。
手元に詳しい資料がないので、誤解している部分もあるかもしれないが、
額面から受け止めた印象は、
「余計なお世話」だ。

簡単に述べれば、道路特定財源で、
新しい道路ばかり作るから、立ち退きを始め、
宅地開発が、焼き畑農業的に、次々に進むのだ。
あれ、逆か!?

ともかく、産業として住宅建設があるのだから、
家本来の寿命とは別の尺度が存在する。
だから、いくら200年住宅として、建築されても、
壊される家は壊される。

マイカーとマイホームが、同じ感覚で捉えられている限り、
それは変わらないだろう。

だってねぇ、国土交通省が100年だ、200年だと
自分たちの仕事作ることに没頭している限り、
何も変わりません。

住まい方、人生の送り方を指導するわけにはいかないので、
何もしてくれない方がいいと、私は思う。

2008年3月 6日 (木)

変革!県民性

いよいよ、熊本県知事選告示。
予定通り、5人の候補者が出揃った。
先日、とあるベンチャー企業の社長と話していて、
県民性の話になった。
会社が、うまく行ってないときは、
見向きもしなかったくせに
順調に動き出して、見通しが良くなると、
手のひらを返すように擦り寄って来る。


まあ、それは熊本だけには依らないと思うが、
確かにそういうところはあるよな。


情にもろい、情に厚いと言っても、
それは味方、身内を囲い込んで、
その中でのこと。
他所から来た人が、もてなしに感動するが、
それは余所者扱いされているに過ぎない。

県知事候補者は、
県民一人ひとりが変わらなくちゃいけないと
指摘すべきだ。
熊本人らしいと言われることをやらない。

そういう天の邪鬼さが熊本人の真骨頂。
それじゃ、熊本人を捨てたことにならないか(笑)

2008年3月 3日 (月)

バタフライは、バリアフリー

バリアフリーデザイン研究会の事務局長
白木力さんが亡くなった。
誰でもが平穏に生きるために、自分の成すべきことを
常に考えていた人だったと思う。
建築設計をやるうちにそうなったのか、
もともとそうだったのかは、わからない。

あと、聞き上手のひとであった。
仕事柄、当たり前かもしれないが、
際限なくなる私の話も、ちゃんと聞いてくれた。

バリ研には、二人のチカラ氏がいて、
思想的に両方の影響を、私は受けたが、
熊日に投稿するときは、
いつも白木さんのことが、頭にあって、
白木さんなら、どう思うだろうということが、
考えをまとめる上で、一つの指針となった。
あの、雲の上を行くようなしゃべり方と、
満面の笑顔は、記憶の中のものとなってしまったけれど。

通夜の会場で、家族の写真を拝見して、
やっぱ家族って、記念写真撮らなくちゃいけないなと
思った。


もう一つ、
そういう場所で、久しぶりに出会うのが、
よく似合う人でもあった。
会場の隅に、自分の遺影を見ている白木さんがいても、
ちっとも変じゃない、
不思議な安堵感を与えてくれる人であることは
亡くなられたいまも、少しも変わらない。

2008年3月 2日 (日)

使えるバスに一工夫>1/14/2008・k338

使えるバスに一工夫>1/14/2008・k338
使えるバスに一工夫>1/14/2008・k338
友人夫婦がこの正月、
奥さんの実家を訪ねるときにバスを使ったと言う。
水道町で乗り換えようとしたら、
一時間ほど待たなければいけなかったところ、
幸運にも前のバスが遅れてきたので、
すぐに乗車できたらしい。
熊本都市圏のバス網は、
交通センターを中心に放射線状に作ってあるので、
郊外から中心部に乗り換えなしで向かうには便利だが、
横方向には弱い。
路線がないことはないが、乗り継ぎの利便性は、
料金体系も含め、あまり考えられてこなかった。
最近、産交バスのバス停には、
どこを通って運賃がいくらかかるという表示が
散見されるようになったが、
改善の余地は大きい。
市営バスは、もともとわかりやすい路線図が
各停留所にあったにもかかわらず、
改良されるどころか、なくしてしまう愚行すら見られる。
電鉄バスは論外である。
いずれにしても、あ

2008年3月 1日 (土)

命短かし青春

命短かし青春
ふと思いついて、古いEP盤を引っ張り出した。
ザ・ハプニングス・フォーの両A面シングル。
制作年のクレジットがない、ずいぶんいい加減なものだ。
当時はそんなものが多かった。
作曲家編曲家としてのクニ・河内さんを尊敬していたのだが、
「命短かし」は、小谷充さんの編曲になっていたのを訝ったものだが、
あの頃流行ってたリズム&ブルースの第一人者に任せたのだろう。
作詞(当時は作詩表記が多い)は、山上路夫。
多分私は中学生で、毎日人間は何で生きるのか、
と悩んでいた時期だったので、
「どんなに二人 愛しあっても
人の命は はかないものだよ」と突き放され、
「愛した記憶だけが残るよ」とは、どういうことか、
死んでしまったら、記憶なんか消えてしまうだろ、と
若きウェーテルは苦しんでいたのだ。

同じ頃、森山良子さんに「恋人」というヒット曲があり、
作詞は同じ山上路夫さん。
やっぱり、恋人たちには愛した記憶が残るという歌詞だった。

この「残る記憶」が、
生き残った人が、生きている限りにおいて残るものだと
わかったのは、ずいぶ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »