2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 自民主主義 | トップページ | それはぼくぢゃないよ »

2008年2月 1日 (金)

ピンクのフロイド パイロット

ピンクフロイドに「青空のファンタジア」という曲があった。
高校生のとき、TVで(確か11PM)当時珍しい
プロモーションビデオを見た。
原題は「空と出合う点」だったと記憶している。
複葉機がセピア色の空を飛ぶという、
『紅の豚』(見てないけど)?みたいなイメージ。

それに触発された、10代半ばの私は、曲を作った。
タイトルは「ピンクのマフラー パイロット」である。
それに因んで祖母にピンクのマフラーを編んでもらった。
というのも、当時加藤和彦のかみさんだったミカさんの
ロンドンリポートによると、
ロンドンっ子は、どんなに寒くてもコートは着ず、
セーターにマフラー、手袋だというのを読んでたからね。
そのロンドンっ子も皆50代突入してるか!?
話はそれたが、「ピンクのマフラー パイロット」の歌詞はこうだ。


空から呼びかける君は
ふわふわ雲の中を
飛行機に乗っているんだね
首でピンクのマフラーの
飛行服がとっても素敵だね


ビギナー。
青い。


ところが、それから1年後、
エルトン・ジョンが、『ピアニストを撃つな』を発表。
収録曲のトップを飾る「ダニエル」は、同様の情景を描いていた。
作詞のバーニー・トーピンは、私のアイドルだったが、
な〜んだ、

« 自民主主義 | トップページ | それはぼくぢゃないよ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/17916686

この記事へのトラックバック一覧です: ピンクのフロイド パイロット:

« 自民主主義 | トップページ | それはぼくぢゃないよ »