2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« レイ・ブルー・レイ | トップページ | 摩天楼のヒール »

2008年2月26日 (火)

井上陽水のジョーク

あれは、私が高校2年の夏。1972(昭和47)年のこと。
忘れもしない、8月15日。夏休みだったので曜日は覚えていない。
はっぴいえんどのライヴを見た日のことは、
前に書いたと思う。
その日、福岡、熊本のバンドに混じって、
井上陽水とりりィも歌った。
陽水は無名に近く、ヒット曲もあったりりィが、
多分いちばんフェーマスだっただろう。
会場は、南熊本駅のそばのボーリング場の駐車場。
舗装なんてしてなくて、夜は蚊の大歓迎を受けたはずだ。


日が落ちるのを、まだかと待ちわびていると、
りりィが、塀を乗り越えてやって来た。
ジーンズにエスニックな綿のシャツ。
アグネス・ラムの前身は彼女だ!

昼間、リハーサルの合間に、りりィたちと、
ボーリングをしたと、曲間に陽水は話した。
あの粘りつくような調子で「熊本のボーリングのピンは、
なかなか倒れない。県民性ですね」

これが、井上陽水のジョーク。


もう、一つ。
当時、彼は熊本によく呼ばれていたので、
おそらく3回は、見ている。
無名のフォークシンガーの、ギター1本の弾き語り。
入場料は、せいぜい800円ほど。それも、複数組出演で。

本題。
あるとき、あの爆発ヘアが、少し短くなっていた。
そう言われて気づく程度に。
右手の親指と人差し指で、10センチ位を示し、
「これくらい、切ってと頼んだら、
これくらい、残されました」

言葉は正確ではないが、ニュアンスはそんな感じ。
特別、ファンだというわけでもないのに、
歌よりも、そういうジョークが二つ、
それで、常にシンパシーを感じ続けている。

そういうものか。

« レイ・ブルー・レイ | トップページ | 摩天楼のヒール »

音楽」カテゴリの記事

コメント

そんなことも有ったんだ。と。当時回りは過激な人ばかり。あえてそんな環境を好んでました。コンサート始まる数ヶ月前からガリ版すり。チラシ配り。始まったら焼酎の回しのみ。で、記憶が無くなり、気が付いたら、何もかも終わった次の日。そんな繰り返しでした。

そんな中ハッピーエンドと揚水系は、かすかに記憶に有りますね(なんか歌いよったなぁ。)と。リリィは全く記憶に無いですけどw。

大津オーディオ愛好会の人が、
2トラ38で、りりィの演奏を録音していたという話。
当時は、まだ知り合ってなかった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/40274448

この記事へのトラックバック一覧です: 井上陽水のジョーク:

« レイ・ブルー・レイ | トップページ | 摩天楼のヒール »