2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 思い出のアルコール工場 | トップページ | サブプライムの真実 »

2008年1月17日 (木)

ドラマの雨は天気雨

TVドラマが面白くないと言われるようになって久しい。
実際面白くないのだが、その原因は、
サブプライムローン並に入り組んでいる。
番宣のやりすぎは悲壮ですらある。
と、もったいつけたが、
「あしたの喜多善男」である。
第2回目は、裏番組の「貧乏男子」と
どちらを見るか迷った。
脚本は、飯田譲治。音楽は小曽根真。
主題歌は山崎まさよしだ。リキ入ってる。
生瀬勝久と手下が、洋画のタイトルを
日本語で言い換えるゲームをやっていた。
そういうのが、カルトな人気を呼ぶ。
終わってから、裏に替えたが、
小栗旬は、やっぱり本物だ。
山田優も意外と良い。元スピードのヒロと間違えたが(笑)

« 思い出のアルコール工場 | トップページ | サブプライムの真実 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/17720674

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマの雨は天気雨:

« 思い出のアルコール工場 | トップページ | サブプライムの真実 »