2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 備えあれば、うろたえず。 | トップページ | フォーク(民衆)系無所属 »

2007年11月19日 (月)

ゴージャス

環境問題については、さまざまな立場と角度から数多く語られる。
対立する意見も少なくない。
著者は、これまで流行の最先端を走ってきたクリエーターである。
消費は美徳であると言っても過言ではない生き方をしてきた。
それが、いくつかの体験を通して、かけがえのない地球と
自然の素晴らしさに気づく。
環境問題への対応は
スピーディーにやらないと間に合わないという点と
温暖化はいずれにしても進行するのだから、
この「南国」化をゴージャスに楽しむべきではないかという提案が、
この本の二つの大きな柱である。
なるほどと納得する人もいれば、
疑問を持つ人もいるだろう。
たとえば、レジ袋を断ることより、
コンビニの利用回数を減らすことの方が必要だという
主張をどう思うか。
わかりやすい事例を列挙して、読者に自分で判断することを迫る。
それは自分で自分の生き方を選ぶことでもある。

   『サヴァイヴ!南国日本』
     高城剛著 集英社刊 1365円

Then and Now : 平成19年11月11日付熊日読書欄「私の3つ星」掲載。
「消費は美徳」はないよな、と郵送した後で恥ずかしかった。
著者の高城剛氏は、沢尻エリカのボーイフレンドとして
最近とみに有名になった人。
だが、一部で書きたてられるわりには、
ゴシップとして盛り上がらないのは、
沢尻がバッシングの対象だからか。
私が著者を知ったのは、小泉今日子のブレーンのひとりとして。
ずいぶん前のことだ。
何かに書いてあったが、本書は、
確かにトンデモ本と紙一重である。
しかし、「一つダメならみんなダメ」がまかり通る
環境に関する論議に一石を投じているところを
私は買いたい。

高城 剛 / 集英社(2007/07)
Amazonランキング:5121位
Amazonおすすめ度:
エコってホントは先進的でカッコイイ
このワクワク感はやめられないっ!
高城ファンは必読。グリーン革命を中心に筆者のライフスタイルや歴史への言及も多い。

« 備えあれば、うろたえず。 | トップページ | フォーク(民衆)系無所属 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/17118866

この記事へのトラックバック一覧です: ゴージャス:

» ERIKA(沢尻エリカ)の夢叶った!憧れのツェッペリン復活ライブに招待 [長澤まさみがんばれ!長澤まさみさんを応援するブログ]
沢尻エリカのアーティスト名義であるERIKAが、12月10日に英ロンドンで開催される伝説的ロックバンド、レッド・ツェッペリンの再結成ライブを観にいくことが分かった。 [続きを読む]

« 備えあれば、うろたえず。 | トップページ | フォーク(民衆)系無所属 »