2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 西日本熊日 | トップページ | 備えあれば、うろたえず。 »

2007年11月17日 (土)

小泉の書評『猫鳴り』

11月4日の本よみうり堂に取り上げられたのは、
沼田まほかる著『猫鳴り』双葉社刊 1400円
「希望の光は暗闇を知ってこそ、
見えてくるのだろう。
そう思いながら、穏やかな気分で
私はこの本を閉じた」
小泉が、そっと本の裏表紙を閉じ、
改めて、表紙に視線を転じるそのときの
深い吐息が感じられませんか。
私はそういう本になりたいものだ。

本よみうり堂へのリンクは、こちら

« 西日本熊日 | トップページ | 備えあれば、うろたえず。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/17098290

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉の書評『猫鳴り』:

« 西日本熊日 | トップページ | 備えあれば、うろたえず。 »