2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 加藤和彦の握手 | トップページ | 渡鹿のスティールドラマー »

2007年9月 5日 (水)

人生を変えた2

「人生を変えたレコード」その2。はっぴいえんどの『風街ろまん』です、やっぱり。
人間、「出会い」というものがあって、
そこの角、ひとつ曲がるかどうかで人生は変わる。
15歳の私にとってそれは、NHKラジオ第一放送の「若いこだま」にゲスト出演した彼らを聴いたことであった。
大のはっぴいマニアの俳優の佐野史郎さん(昔似てると言われてた私)が、
そのときのエアチェック・テープを持っていて、それは、CDボックスに収録されている。
でも正確に書くと、生き方は変わったけど、
人生は変わらなかったと言えるのかもしれない。
タイムスリップ物の映画などでよくあるように、
紆余曲折はあっても、結果は大して変化なし。
なるべくしてそうなった。
と考えるのは、人生折り返して15年になるからか。
ROCKS OFFという雑誌の夏号が、はっぴいえんどをたまたま特集していた。
語っても語っても語り尽せないのが
人生を変えたということなんだろう。
誰にとっても。

« 加藤和彦の握手 | トップページ | 渡鹿のスティールドラマー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ソフィア・コッポラ監督の『ロスト・イン・トランスレーション』に、はっぴいえんどの曲が使われていました(URL参照)。

東京が舞台。ビル・マーレーとスカーレット・ヨハンソンちゃん。w

<フシギ映画>の類かもしれませんが、私はお気に入りです。

確か、ブライアン・フェリーの曲も使われてて、今野雄二氏大推薦の映画だったんですが、わたくし未見です。時間が経つと、構えてしまって、例えビデオDVDでも、見るときの状況設定にこだわってしまうんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/16351188

この記事へのトラックバック一覧です: 人生を変えた2:

« 加藤和彦の握手 | トップページ | 渡鹿のスティールドラマー »