2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 人生を変えた2 | トップページ | Dr.ペッパー、プリーズ。 »

2007年9月 7日 (金)

渡鹿のスティールドラマー

070905_143902 一昨日、仕事で渡鹿(トロク)あたりを歩いていると、
どこからともなく、スティールドラムのカリプソティックな涼しげな音。
炎天下、その音をたどっていくと、とあるアパートの下に辿り着いた。
ちょっと躊躇したが、思い切って、呼び鈴を鳴らすと、
日本人ではないみたいな男性の声。
スティールドラムの音がしたので、訪ねてきた、と言うと、
どうぞと中に入れてくれたのは、
ベリーズから来て2週間滞在するというキーロン君、24歳。
友達のアパートに泊めてもらってるらしい。
自己紹介して名刺交換すると、
「どんなときでもスティールドラムでお楽しみ」と書いてあった。
どこにどんな出会いがあるかわからないもんです。
ブログに載せていいと言ってくれたので、ここにアップ。
帰って、ベリーズという所を地図で探したら、
初めて知った、カリブ海沿岸の国じゃった。

« 人生を変えた2 | トップページ | Dr.ペッパー、プリーズ。 »

ザ・グレートカントリー・くまもと」カテゴリの記事

コメント

ベリーズのドラマー素敵な出会いですね。
少しばかり、非現実的な時が想像できました。 人は、いつどんな時に、いい出会いがあるかわかりませんね。しかし、ベリーズからどういった縁で、はるばるやってきたのでしょうね。

スティールドラムを教えてる、とか練習してるとか、どうも英語の意志疎通がうまくいかず。来年はコンサートで来たいとか言ってたなあ。クンタキンテを知ってたので、クンタキンヤはアフリカン・ジャパニーズだと思ったかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/16367118

この記事へのトラックバック一覧です: 渡鹿のスティールドラマー:

« 人生を変えた2 | トップページ | Dr.ペッパー、プリーズ。 »