2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 会長は御手洗富士夫の、道路経済研究所 | トップページ | 援交株安円高 »

2007年8月16日 (木)

夏のコワ〜イ書評

8月12日付讀賣新聞の本よみうり堂は、
「夏のコワ〜イ1冊」というテーマで、書評者勢揃いだ。
こういうテーマをいきなり振られたら困るよな。
しかし、そこは伊達に書評担当しているわけではない。
小泉今日子の1冊は、偕成社刊『赤いろう燭と人魚』である。

でも、今回の文章、そつがなさすぎで、怖くないッス。
ま、コワイ書評という特集ではなかったが、梯久美子さんの
夏目漱石「夢十夜」は、怖かった。

« 会長は御手洗富士夫の、道路経済研究所 | トップページ | 援交株安円高 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ほんと どうでもいいことですが

赤いろうそくと人魚の作者 小川未明は
わたしの 高校の先輩です

うちの実家の近所には
赤いろうそくと人魚の銅像があって
そこになぜだかみんなコインを投げるのだった。

うわ、すごいな。

やっぱ、お賽銭文化ですかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/16132445

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のコワ〜イ書評:

« 会長は御手洗富士夫の、道路経済研究所 | トップページ | 援交株安円高 »