2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« これが青春だ | トップページ | ジェネレーションD »

2007年5月19日 (土)

私は、ディーヴォ?!

今日は、デニス・ホッパーの誕生日だと、LOVE-FMで
ジュンコ・フジタが言ってた。
デニス・ホッパーは、映画『イージー・ライダー』で主演・監督を務めた人。
もっと若いときは、確か『理由なき反抗』で、ジェームズ・ディーンの友達かなんか
やってた。と思う。

ステッペン・ウルフの演奏する「ワイルドで行こう」を聞くと、
今でも血が騒ぐ。これは、映画を見ていなくても、多分
そういうサウンドなのではないかと思う。
ブルース・スプリングスティーンの「ボーン・トゥ・ラン」を聞きながら
ドライブすると、事故の確率が高い、という統計もあるらしい。

それはそうと、前にも書いた気がするが、
歳を取ってくると、保守的になるのか、それが道理なのか、
たとえば、『イ^ジー・ライダー』でのキャプテン・アメリカ(ピーター・フォンダ)と
連れ(ホッパーの方)の二人組を
自分の町で見かけたりしたら、「こいつら生かしておけねえ」と
そういう気持が、真夏の入道雲みたいに
正義を振りかざしながら、胸に沸き起こっても、不思議はない。
そういうアメリカの片田舎の住人達の気持がよくわかるようになった。
それって、進化なのか、退化なのか。

« これが青春だ | トップページ | ジェネレーションD »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

<ジェームス・ディーンの親友>
<亜流マーロン・ブランド>
<アメリカの勝新(太郎)>
etc・・。

いろーんな形容詞を持つ彼。
いろーんなキャラクターを演じてきた彼。

昔、私がWOWOWに加入した動機は、
『デニス・ホッパー特集』を観たかったから。
馴染みの電器屋さんには、
なぜか正直な動機が言えず、
「ディズニーが観たいから」などと言った(笑)。

好きになったきっかけは、
『ハートに火をつけて』で、
一見クールな殺し屋な彼が、
惚れた女性(ジョディ・フォスター)の為に
いそいそとピンク・パンケーキを買いに行ったり、可愛い姿を見たこと。
その後で観た『イージー・ライダー』は、
かなり衝撃的でした。。

彼の作品、傑作(!)も少なくないですが、
個人的に印象深い作品は
『フラッシュバック』。
キーファー・サザーランド共演。
ホッパーは、元ヒッピーの役(そのまんま?笑)。
ベタな作品ですが、ユーモラスでなかなか心温まる物語でした。

アメリカでは、公開当時大ヒットしたそうです。

 

このエントリーは昨日の内に、間借りしてる友人のパソコンで、作成していたので、ホッパー氏の誕生日は、実は昨日でした。私の中では、『スピード』の爆弾男が有名です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/15116054

この記事へのトラックバック一覧です: 私は、ディーヴォ?!:

« これが青春だ | トップページ | ジェネレーションD »