2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 驚・サイレント | トップページ | 「クルマがやさしくなるために」 »

2007年5月 9日 (水)

明日晴れるか

話題になってるんだか、どうだか知らないが、
毎週見ている、フジテレビ系月9ドラマ「プロポーズ大作戦」。
長澤まさみと山下智久のコンビで視聴率稼げなかったら大問題。

ウェディングドレス姿の長澤まさみは、ハッとする美しさだが、
高校生時代に飛ぶと、茶髪が変だし、ちょっと老け顔。
責任者出て来い!である。
栄倉奈々が、どこにでもいそうな高校生らしさにあふれてるから、尚更。
山下智久は、「野ブタ」のときと、まったくおんなじ演技(と呼べるなら)。
だが、あんなにふてくされてたら、人生うまく行かないぞ感にあふれている。
そこが、切なくて意外とピッタリなのかもしれない。
ストーリーも演出もベタなのだが、その安直さの向うにある青春のもどかしさ。
それを感じとれるのは、われら中年組しかいないだろう。

もどかしさと言えば、Mr.モドカシの桑田佳祐が
ソロでうたってる話題性十分の主題歌「明日晴れるかな」。
加藤和彦の古くからのファンの皆さん、ご無礼だと怒らないで下さい。
よくある「オマージュ」あるいは、「リスペクト」でしょうから。
しかし、ここで注目すべきは(注耳か?)、
曲の終わりの方で入る少女達のコーラス。
どこかで聞いたメロディでしょう。
独断ですが、これってカーペンターズの「雨の日と月曜日は」へのオマージュ、
あるいはリスペクト?そして「明日晴れるかな」だよ。流石、桑田君。

「雨の日と月曜日は」は、ロジャー・ニコルズというソングライターの曲。
先週まで山下達郎「サンデーソングブック」で特集していた。
元祖渋谷系とも。

加藤和彦の「明日晴れるか」は阿久悠さんの作詞です。へえぇ。

« 驚・サイレント | トップページ | 「クルマがやさしくなるために」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 驚・サイレント | トップページ | 「クルマがやさしくなるために」 »