2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« FM | トップページ | ARSとはチカラなり。 »

2007年3月 3日 (土)

「モバイル・ジェンダー」持ち運べる社会的性差。なに、それ?

Eternity_1936_26056323 雑誌の男性向け広告で
「携帯電話並みの小型折りたたみ式モバイルレーザー脱毛器」というのを見た生井英考・共立女子大教授(映像史、アメリカ研究)が
3月1日付の読売新聞「デザイン季評」にこう書いている。
(写真は参考です)

「「モバイル」というと、いきなりパソコンやIT端末のイメージが浮かぶのが現代だ。
それもパソコンを持ち運ぶキャリアウーマンだって大勢いるはずなのに、
モバイル端末というとコマーシャルでも描かれるのは
決まってエリートふうの紋切り型な男たちばかり。
しかし裏返していえばこれは男女を分かつデザイン上の性差が
いまや機能(=実体)ではなくイメージ(=通念)の領域にしか
存在しなくなっているということの証しなのである」

もうかなり前だけど、
缶コーヒーのCMには、おじさんしか出ないと書いたことがあって、
それが現在もそれほど変わってはいないのは、
ジョージアの渡哲也、木村拓哉の古色蒼然ジェンダーぶりを見れば
ファイアーを見るより明らか。
しかし、ワンダの仲間由紀恵に見られるように、
男性を激励する女性が、決まりきったように出てくるパターンもある。
おっと、デザイン上の性差が、CMキャラの話になった。

教授の指摘は、女性用は、バーコードリーダーみたいな実用的デザインなのに、
男性用はどうして使いにくそうな折りたたみ式なのだ、ということなのでした。
つまりだな、もう半回転すると、
イメージの領域はいずれ機能に取って代わられる。
それは、熊本県知事が推奨するユニバーサルデザインに至るものかもしれない。

ただ、世間にはイメージとしての性差(=ジェンダー)にこだわる人がいて、
風前の灯の在任期間に憲法改正をしなくちゃいけないので、
最近はそういう話題が出てこないが、安倍首相は、その急先鋒である。

ああ、話がねじれて来た。
明日のために(というか、もうきょうだけど)もう寝よう!

« FM | トップページ | ARSとはチカラなり。 »

ワールド・CM・ナウ」カテゴリの記事

コメント

久しぶりの投稿掲載。最近は”なじんだ”文章で読みやすうございましたw。

最近 缶コーヒー飲んでる人なんか見たことないです

誰が買ってるんだろう?

>yotさんへ

私、ときどき買います。
いま、セブンイレブンのジョージアには、
ベンツのフィギュアついてます。
当たります、メルセデスのワゴン(本物)

ほんとは、ジョージア好きではないんですが。

>ぷかぷかさんへ

担当者が異動になったので、
没から拾われたんでしょうか。
このブログには、すでに掲載済みです、
みなさん。

うちの近所のセブンイレブンには

たぶん 缶コーヒーおいてないと思われ。

住宅街だから サッカー雑誌とかもなかったり。

子どもの 駄菓子コーナーは充実

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/14110789

この記事へのトラックバック一覧です: 「モバイル・ジェンダー」持ち運べる社会的性差。なに、それ?:

« FM | トップページ | ARSとはチカラなり。 »