2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« この切なさは... | トップページ | 発見!「ハケンの品格」 »

2007年3月 6日 (火)

削られた副題


筒井 ともみ / 新潮社(2007/02)
Amazonランキング:41595位
Amazonおすすめ度:


単行本で出たとき、小泉今日子が紹介文を書いていたので、
気になって読もうと思っていたのだが、
ついにこれまで読まずに来てしまった。

で、今回新潮文庫に収録。
なんとお、解説を篠原・オーマエ・涼子が書いている。
ゴーーーージャス!

彼女はその昔、東京パフォーマンスドールで売り出し中、
漢字が読めない書けないあほキャラで、バラエティで人気を博したのだが、
実はちゃんとした文章が書けるひとだったのだ。
勉強したのか。
ただ、あまり本は読まないと白状している(脚本は別)。
この解説、結構長いので、これに100円くらい払う感じ(立ち読みしたのですが)。
おそらく、彼女のことを憎からず思う人にとっては、それだけの価値もある。
というわけで、お薦めです。
ついでながら、yomyomの第2号が出ている。
今回の表紙は、暖冬ゆえに余計まぶしい純白なり。
なぜかというと、今回はソフトバンク・モバイルとのコラボだからです。
手には取ったものの、すぐに戻した。

« この切なさは... | トップページ | 発見!「ハケンの品格」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/14163091

この記事へのトラックバック一覧です: 削られた副題:

« この切なさは... | トップページ | 発見!「ハケンの品格」 »