2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 「ちゃいろにわとりのちゃーぼう」 | トップページ | 加藤神社に初詣 »

2007年1月 4日 (木)

古い船に新しい水夫

安倍首相は、年頭会見で「新しい時代にふさわしい憲法をつくるという意思を今こそ明確にしなければならない」と参院選で訴えると言ったそうだ。熊日夕刊で読んだ。
「新しい時代」とはどういう時代か。「新しい」という言葉をもてあそんでいるとしか思えない。新しさはすべて善か。いや、善なるものがすべてであると、首相は言ってるわけではないので、それは通じないか。
憲法を変えなければいけない理由は、どう考えても憲法に矛盾せずに戦争ができる国になる、ということにしかないと思う。「強さ」へのあこがれが強いというより、自分の弱さを認めたくないのだろう。
首相が「美しい国」を連発すればするだけ、「美しい」という言葉が可哀想にも無味乾燥になる。
私は、本当に美しいものを美しいと呼び続けて生きたいものだと思う。
それが私の対抗軸だ。

実は、自衛隊のあり方の矛盾を解くために、憲法改正が必要だと思ってたこともあるんだけど、それと安倍の目指すものとはまったく違うようだ。

« 「ちゃいろにわとりのちゃーぼう」 | トップページ | 加藤神社に初詣 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。

>憲法に矛盾せずに戦争が出来る国

「硫黄島からの手紙」は、
「父親たちの星条旗」より評判がよい、
と聞いてたのですが、観て納得、というか。
私にとっては「父親たち~」も良かったのですが、
「硫黄島~」は、壮絶すぎて、
観てるこちらも、<戦争追体験>した思いでした。。

映画という手段で、充分伝わってきました。
戦争、反対です。

はじめまして!
私のブログに遊びに来てくださいまして
ありがとうございます!!^^
クンタキンヤさんのブログをリンクしたいのですが、
宜しいでしょうか??^^;

ラムさんへ
「硫黄島」を面白くないという意見のブログがあったので、このコメントのURLに入れておきました。
因みに、私は未見ですので、
中身は読んでません。

ぷらざでんちさんへ
上記のブログ、
貴殿のリンクから辿りました。
ありがとうございました。

クンタさん、
ご紹介のブログ、読みました。
この方のおっしゃられる<面白くない>という意味は、
戦場の描かれ方が、あまりにも非情だったからだと思います。
<感動の涙>とか<人情ドラマ>とかを期待されてると、
かなり、とんでもキツイ思いをします。
戦争の現実を描き、美化はしてないと思うので。。
凄惨さの中ででも、<人情>はしっかりと描かれていますよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/13332043

この記事へのトラックバック一覧です: 古い船に新しい水夫:

« 「ちゃいろにわとりのちゃーぼう」 | トップページ | 加藤神社に初詣 »