2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 風をあつめて | トップページ | 今年の芸能重大ニュース(個人的) »

2006年12月28日 (木)

クライベイビー

 年の瀬は、どういうものか何かにつけて昔のことを思い出す。カセットで野沢享司の『白昼夢』を聞いている。検索すると、いまも現役らしく、ファンサイトもあったりするが、視聴もあるのでこちらがお薦めかな。写真を拝見すると体格もよくなっていらして、昔日の面影はない。
 あれは、マツフジレコードだったか、初めてURC盤のジャケットを見かけたとき、えっ、この人僕そっくりじゃん、と思ったのも昔のこと。ファンレターも書いたなあ。返事来なかったけど(笑
 久しぶりに聞いて思ったのは、アコースティック・ギターの感じと独特の節回しから、今風に言えば、山崎まさよしだなということ。それとシャウトする曲では、なんとミスチルの桜井君にそっくりではないか。クライベイビーなしゃがれ声は、母性本能をくすぐるような気がするのだが、いかんせん当時の音楽業界は成熟していなかったので、セールスに結びつくプロダクションが出来なかったのだ。

« 風をあつめて | トップページ | 今年の芸能重大ニュース(個人的) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
野沢享司は今でもライブ活動されてるんですね。
白昼夢を聴いていると、
一作限りで音楽シーンを去ってしまった
幻のシンガーソングライターというような印象を受けてしまうので元気なのが意外(失礼!)なんですが

白昼夢のころはファンレターは出しても帰ってこなさそうな人ですね。今の丸くなった野沢さんだったら返事きそうですけど。ちかくでライブがあったらサインください!とトライしてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/13236511

この記事へのトラックバック一覧です: クライベイビー:

» 日本フォークの再発掘 野沢享司 [盆地から溢れた汗と日記 2006-]
吉田省念→斉藤哲夫→野沢享司 という流れで、つながって 今日届いた野沢享司の白昼夢。 amazonでまだ売ってました。 “白昼夢”は当時あまり評価されることのなかった というのも納得できる刺激的な内容で 童謡っぽいものから、濃いめのアシッドフォークまで幅広く、 いかにもURCテイストの強いものでしたが amazonの商品説明によると、 当時の日本で異端な音楽スタイルだった野沢享司を フォークの神様といわれていた吉田拓郎がいち早く評価していた ということは意外なことでした。 ... [続きを読む]

« 風をあつめて | トップページ | 今年の芸能重大ニュース(個人的) »