2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 談合・大津キネマ倶楽部 | トップページ | 電車に乗って街へ »

2006年12月22日 (金)

わすれものは もう

 西合志図書館の新刊のラックに入っていたので、読み始めたら、活字が大きいのですぐに読んでしまった。 
 やっぱり昔話が面白い。細野さんや松本隆との出会いとか。とにかくエゴの強い人という話だったので、近寄りがたかったが、それが自分に対する自信のなさから来ていたことが、この本を読んでよくわかった。 
 クリスチャンになることは、自然な流れだったのだ。最後のページに自作「機関車」の自筆の歌詞が掲載されているが、変わらないものもあるのが人間なのか、自分が変わったことを示したのか、どちらだろう。


小坂 忠 / 河出書房新社
Amazonランキング:14993位
Amazonおすすめ度:

« 談合・大津キネマ倶楽部 | トップページ | 電車に乗って街へ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/13163770

この記事へのトラックバック一覧です: わすれものは もう:

« 談合・大津キネマ倶楽部 | トップページ | 電車に乗って街へ »