2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« オノ・ヨーコさんの言葉 | トップページ | やったぜ!教育基本法が「変わる」 »

2006年12月13日 (水)

チャンス・ミーティング

 政府のタウンミーティング問題。「やらせ質問」と「代理店の言いなりの運営費」は別々に考えなくてはいけないだろう。「やらせ質問」は、それを以って、さも国民の一般的な意見とすることを目的としているので、確かに問題だが、そういう場所で意見が偏向するのは珍しくないので、例え公正にタウンミーティングで多数を占めた意見だとしても、それを根拠にして法改正に持っていこうとする態度自体が責められなくてはいけない。
 ということは、タウンミーティングを最初から悪用しようとしていたんだから、当時の官房長官は責任を取って、首相を辞めるべきだろう。

 この問題に関して、根本的な問題は、タウンミーティングは整然と開催されることが最重要課題だと信じて疑わない主催者の頭の中である。だから、なんでそれが問題なの、と今でも多くの関係者が思っていることだろう。これは、民間の討論会でも見られることなのだが、我々もそろそろ大人の議論が普通に出来るような「美しい国民」になるべきではないか。

 代理店の見積りをノーチェックで通した行為は、これは建設業法では丸投げと呼ばれ、禁止されている行為なので、罰則としては、指名停止、営業停止などの処分が考えられる。当時の担当者は、役所に出勤した上で、業務にはつかず、別室で研修を受けレポートを提出するという処分ではどうだろう。そのレポートをネットで公開して、みんなで評価するのだ。
 それって、いじめだろう。人間どうもネガティブなことを考えると、どんどん陰湿になるなあ。まあ、建設業ではないので、丸投げを処罰することは出来ないか。電通だって、知恵を出してやって、それで金をもらって何が悪い、だよな。日本人はソフト、アイデアって原則無料だと思ってやがる。プンプン。

「チャンス・ミーティング」って、ロキシー・ミュージックの曲名から採ったんですか、と誰か言ってくれないかな。 

 

« オノ・ヨーコさんの言葉 | トップページ | やったぜ!教育基本法が「変わる」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/13059155

この記事へのトラックバック一覧です: チャンス・ミーティング:

« オノ・ヨーコさんの言葉 | トップページ | やったぜ!教育基本法が「変わる」 »