2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 「新しいテンプレート」 | トップページ | 道路特定財源の行方 »

2006年12月 2日 (土)

12月の雨の日

「12月の雨の日」は、大瀧詠一さんの作曲なので、細野さんのことを書こうというのに適当ではないが、雨降りだったので。もう上がりそうだけど。

 この本は、北中正和さんのインタビューをもとに構成されたもので、今回平凡社ライブラリーに収められた。定価1400円は高い。高いけど、それだけの価値はある。といってもそれは細野さんに興味を抱く人にとってのことだけれど。

 いちばん驚いたのは、ドラッグにのめり込んでいた時期があったということ。「おっちゃんのリズム」という一拍子のリズムの話。いまや、目新しい概念ではないが、ここに新しい日本のポップスが始まったと言えるかもしれない。

 小原礼が抜けたあと、サディスティック・ミカ・バンドのベースをやったこと(私の誕生日に行われたライブだったことは覚えている)は一部では有名。細野さん、どこかのインタビューで、本気で加入を考えて、『泰安洋行』の「蝶々san」は、初代ミカをイメージして書いたと語っていた記憶がある。

 宗教的なものへのアプローチが随所に見られるのは、1991年という時代がそうさせたのだろうか。

 現在の細野さんはここいらにいらっしゃいます。

細野 晴臣, 北中 正和 / 平凡社
Amazonランキング:47546位
Amazonおすすめ度:
ホソノワールド

 

« 「新しいテンプレート」 | トップページ | 道路特定財源の行方 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/12901758

この記事へのトラックバック一覧です: 12月の雨の日:

« 「新しいテンプレート」 | トップページ | 道路特定財源の行方 »