2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 電車に乗って街へ | トップページ | 「ハリウッドカップル」 »

2006年12月23日 (土)

クリスマス・ソング and No More

 前にも書いたと思うが、20世紀を代表するクリスマス・ソングは、山下達郎の「クリスマス・イブ」とジョン・レノン・ヨーコ・オノの「ハッピー・クリスマス」だと思う。今年も無事この2曲をFMで聞くことが出来た。家族と友人たちの健康を祝福したい。
 ところで、早いところでは11月から、クリスマス・ソングを耳にする。そういう季節とはいえ、たかだか2日間のことなのに、誰も彼もがクリスマスの歌をうたう。毎年新曲が生まれていることだろう。だけど、個人的な意見では、先の2曲を越える曲には出合わない。
 新曲を特別のものと認識する感性が衰えているのかもしれないし、そういう年代であり、時代だったのだろう。「クリスマス・イブ」は独身のときだし(23年前だそうだ。「サンデー・ソングブック」で山下本人が言っていた)、「ハッピー・クリスマス」のときは、ベトナム戦争終結を全世界が望んでいた(ように思う)。
 クリスマスが正月みたいに楽しみだった頃は私にもあった。それだけでいいのだろう。もうすぐクリスマス・ソングの季節は終わる。それぞれに大切な1曲があるからこそ、特集が成り立つということですね。私にとっては気恥ずかしくて、聞きたくない番組だけど。
 

« 電車に乗って街へ | トップページ | 「ハリウッドカップル」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/13174189

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス・ソング and No More:

« 電車に乗って街へ | トップページ | 「ハリウッドカップル」 »