2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 「気の利いた」と「気に障る」 | トップページ | 選挙権を彼らに »

2006年11月 9日 (木)

防衛は次世代型公共事業

 汚職事件で、問題になった県知事たちは、改革派とか地方自治のリーダーとか言われていたらしいが、ゼネコンの談合から贈収賄が次々に表沙汰になってしまった。
 大手ゼネコンは、少し前に談合との訣別を談合(失礼!)したばかりだが、申し合わせ前の案件を、自分たちばかりカッコつけやがってと思ったかどうか、中小ゼネコンが密告をしたがために、過去の悪事がばれたのだと、どこかに書いてあった。真偽は定かではないが、みんな知っていて、黙っているからこそ成り立っていることは少なくない。

 話は飛ぶが、事ほど左様に建設工事での集金は困難な状況になってきたので、防衛軍事関係予算で関係業界を儲けさせて、そこからの政治献金という形を取ろうとしているのが、憲法改正の真意ではないかと思う。
 軍備というのは、あくまで備えなので、本当に使い始めたら、底なしに金も人命もつぎ込むことになる。使わずに装備を強化する。これが、利権を生む。ということであったら、わかりやすいのだが、本気で日本を強大な国家にしようなどと考えているのだったら、困ったものだ。食いものだって満足に自給できないくせにね。

« 「気の利いた」と「気に障る」 | トップページ | 選挙権を彼らに »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/12624081

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛は次世代型公共事業:

« 「気の利いた」と「気に障る」 | トップページ | 選挙権を彼らに »