2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« PANTAの世界 | トップページ | 土曜の夜は僕の生きがい »

2006年10月13日 (金)

パブ・フォンを守れ!

 携帯電話が普及して、公衆電話を使う人が少なくなったからといって、このまま公衆電話をなくしてしまっていいのだろうかと私は思うので、なるべく使うようにしている。テレホンカードは、金券ショップで50度数400円だし。

 コンビニに行けば、今のところ大丈夫だ。使っている人もまだまだいる。人が電話使っているそばで、エンジンを切らない車がたまにあるが、これは困ったものだ。車のせいではない。運転している人が空気を読めないのだ。

 公衆電話は災害に強いと言われ続けてきた。ところがNTTは、収益の足を引っ張っているこいつを速やかに葬り去りたいので、台風だったか地震だったか忘れたが、災害が起こった後、公衆電話だけが災害に強いわけではないと、新聞に書かせていた。昨年のことだ。証拠が手元にないのが残念だ。

 ほんとうに公衆電話は災害に弱くなったのだろうか。しょっちゅう不具合起こして、まだ安定していないIP電話より、まだまだ信頼性は高いと思うんだけど。

 通信のように重要なインフラには補完する別の手段が必要なのだ。本当に必要とされるときに、この世から消えてしまっていたら困るので、固定電話にかけるときで、コンビニに立ち寄る余裕があるとき、私は公衆電話を使うのです。

 んでも、金券ショップで買ったテレカをどんなに使ってもらっても、新たな売り上げは発生しないので、NTTもあんまりうれしくはないだろうな。

 電話ボックスから、女の子に電話をかけたちょっと胸がつまるような思い出があることと、今も公衆電話を使うことは関係がありません。それよりか、100円硬貨を入れても相手が出た途端に切れるということがあって、スロットみたいに何枚もつぎ込んで、ついに話せなかったことがある。後に、それは硬貨が目一杯に詰まっているときに起こる現象だと知ったのだが、それ以来電電公社(現NTT)は憎むべき企業の筆頭になった。
 テレホンカードもなかった通信の暗黒時代のことである。

« PANTAの世界 | トップページ | 土曜の夜は僕の生きがい »

リビング・イン・くまもと」カテゴリの記事

コメント

 最近IP電話の宣伝をあまり見かけないのは、不具合が多いからだそうな。でも今日は一面でデカク載ってたなぁ。少し自信がでたのか、ほとぼりが冷めたとの判断なのか?

 あれぇ?ネットはNTTじゃ無かった?w

IP電話は、使い初めの頃、確かに不具合(途中で切れたり、聞こえ辛い)があったので、それ以来使ってません。
仕事関係で、不具合は困りますし。。

でも、IP同士は無料?
だとしたら、魅力ですね。w


ドラマ「高校教師」で、桜井幸子チャンが、
サナダ虫教師に、公衆電話から電話かけてたシーンが
印象的でした。
あと10円しかないの。。。(゚o゚)

せつないシーンも、今や一昔前のこと。

携帯は、auです。

NTTの広告は、
テレビで、長澤まさみ主演の「セーラー服と機関銃」が始まったので、相乗りで効果を上げようという代理店の魂胆でしょう。
でも、長澤まさみの星泉、あまり可愛くなかったなあ。
なんで?

桜井幸子とオダギリジョー、同窓会での再会、続きが気になる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/12269983

この記事へのトラックバック一覧です: パブ・フォンを守れ!:

» 約束のテレホンカード [トーマの部屋 ルナリアン]
山形県と宮城県の県境には温泉地がある 家族で旅行に来た山形の男(13歳) 家族で旅行に来た宮城の女(13歳) 冬の終わりに・・・ 二人は恋に落ちた しかし、この旅行が終われば 別々の地へ帰る 当時13歳の二人には ... [続きを読む]

» 災害時のご用心は大切です。 [プロが選ぶ本物の道具店]
災害は忘れた時にやってくる。火災の時の緊急脱出機。此れで貴方の命が救える。地震の時の家具転倒防止金具。事故にあった時。IDカードで一命が救えます。 [続きを読む]

« PANTAの世界 | トップページ | 土曜の夜は僕の生きがい »