2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« こんちには、コンサバ! | トップページ | パラツィタ、ツィタラチ、ストトツ、トン。 »

2006年9月21日 (木)

滋養豊富か?『風味絶佳』

 山田詠美の『風味絶佳』読みました。職業人小説と呼んでよろしいでしょうか。設定がそれだから、理屈ではない男と女の滋味深い恋愛小説が6篇。山田詠美は、男の子の心を描くのがうまいなあ。だから、男と女なのよ。おとこが先。寄り添うハートとハートが海藻みたいにたゆたうムードが、たまりません。

 何でこんなに恋愛小説が好きなのだろうと自分でも思いますね。自分に出来そうもないから、疑似体験てやつ。そうも言えるけど、このわくわくする気持ち、小説を読む醍醐味?
「本ばかり読んでると、碌なもんにならんぞ」と映画『ハード・デイズ・ナイト』で、リンゴ・スターは叔父さんにそう言われてた。確かに、山田詠美の文章に酔っていたところで、実生活では何の役にも立ちません。さあ、明日から家族のために、日本のために仕事頑張るぞというものでもありません。

「夕餉」から、「憐れみに肉体が加わると恋になる」
「アトリエ」から、「だらしない幸せは、憂鬱を流してしまう作用があると思うのです」
 これだけ取り出しては誤解の元ですが、まあ読んでみなっせ。

山田 詠美 / 文藝春秋(2005/05/15)
Amazonランキング:3,854位
Amazonおすすめ度:
ゆっくりと濾過していくような感じ
詠美姉さん、ありがとう
読めない作品・・・

« こんちには、コンサバ! | トップページ | パラツィタ、ツィタラチ、ストトツ、トン。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

読んだ原作が映画化されると、気になります。
「風味絶佳」。観たいけど、選ばれたのは、やっぱり若者のエピソードかよ。。(ブツブツ)
グランマ役の夏木マリさんは、光っていたそうです。

「愛ルケ」の寺島しのぶちゃんには、期待☆
で、相手役がアノ人かい。。
原作より設定が若そう。。

映画化されるにあたっては、<若い層>に焦点を合わせていることが多いのでしょうかね。
(大衆向けにか?!)

グランマは、草笛光子で、読んでました。
TVドラマ「結婚できない男」を見ていたせいか。
見てなくて書くのもなんだけど、
他の短篇の主人公が、絡んできたりすると、
けっこう面白くなると思う。

「愛ルケ」ねえ、
よくわかんねえ。

やっぱり、若い人の方が
映画をよく見るし、クチコミ、メールともに
評判打ちやすいからでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/11985394

この記事へのトラックバック一覧です: 滋養豊富か?『風味絶佳』:

« こんちには、コンサバ! | トップページ | パラツィタ、ツィタラチ、ストトツ、トン。 »