2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな


無料ブログはココログ

« OUT OF SERVICE | トップページ | 『ぼくは勉強ができない』から »

2006年9月 8日 (金)

民主主義と少子化

 9月5日付日本経済新聞のコラム「やさしい経済学―論争に迫る」は、少子化対策で終わった。書いたのは、小塩隆士神戸大学教授。
「今の民主主義がうまく機能するのは、順調な人口増加という外的な条件が整った場合である」のだと。「少子化すると、人口構成が高齢層に偏るので、彼らに有利な政策が選択されやすい」ということなのだが、私の要約ではわかりにくいので、興味を持った人は、原文を図書館で読んでください。

 とは言うものの、これまでも年金をはじめ、社会保障政策は投票率の固い高齢者狙いで、自民党が限りなく歪めてきたのではなかったのか、と私は思ったことだった。

« OUT OF SERVICE | トップページ | 『ぼくは勉強ができない』から »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主主義と少子化:

« OUT OF SERVICE | トップページ | 『ぼくは勉強ができない』から »