2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 光の帝国 | トップページ | 「出よ!未来のシートン、千石正一」 »

2006年9月 2日 (土)

「ハートを席巻、プーマ」

※これは、わたしの友人が送ってくれている
週刊ネコ通信「Cradle」第17号のコピーです。
このブログへの転載は許可済みです。

プーマの章

オス、3ヶ月ぐらい、体重1340グラム、躾も行き届いた可愛いロシアンブルー系(?)、
健康状態良好。尻尾をピンと立てて歩く様はプーマのマークそのもの

日曜日、「草取りもしなくちゃね」と蚊にやられながら庭にいたら、
一匹警戒しながらやってきた「おお、新顔だ」。煮干しをやると食べ始めて
近づいても逃げない。思い切って手を伸ばして捕まえようとしたら、
「あら! 捕まえられちゃった!(初めてだよ)」。のどをごろごろしてやると喜んでる。
「迷いネコだ。」このグレーの体毛はロシアンブルー? あらら、どこから来たんだろう?
煮干しがなくなっても逃げないで、足元にまとわりつく。
のどとか頸の後ろをかいてやる。おうおう、喜んどる喜んどる。
いやぁ可愛いなぁ、 こっちまで満ち足りた気持ちになっちまっちった。
飼いたいなぁという気持ちが心でフラッシュする。
飼われてたからか、物怖じしない。エルメスなんかにも、うなりかえしている。
チェックは予想外の反撃で逃げていった。
「ちゃんと帰れるかぁ?」心配をよそに、ずーっと夕方までうろうろしてて、
夜もブロック塀の上で寝ていた。2、3日居着いたようにみえたが、
水曜日にはいなくなった。帰ったんだろうけど、
失恋したような気持ちになった。(え、誰がって?おいらがだよっ!)


Puma HPで調べたら、ロシアンブルーは特長的な体毛の美しさの他に、
犬に似た性格で愛されている、とあった。うんうん、そんな感じだった。目はエメラルドグリーンとあったけど、プーマは黄色系というよりブロンズ色だ。でも、ロシアンブルーの特長が固定してくるのは「…6ヶ月ごろまでには…」とも書いてあったから、その内変わるんだろう。
ペットショップのサイトでは子猫が125,000円とあった。

3biki_2 左、ほらプーマでしょ。中、わたしとおねぇちゃんと知らないネコ。
右、プーマがゴロゴロされているのを塀の陰から心配そうに窺う、内気なわたし。

2、3日たって、L藤さんの駐車場の所に写真入りのA4版のパソコンで作ったポスターが貼ってあった。L藤さんが預かったみたいだ。ちなみに、この号のタイトルの下のプロフィール的な文章の前半は張り紙に書いてあった文章から借用(未許諾…)。デジカメの写真が2枚入っていて、1枚は足元でゴロニャンしているやつだった。ははは、一安心。そのポスターも3日目には無くなっていたので、無事ウチに帰れたんだと思う。よかったね。

●このメルマガは、品種がナンダ・カンダとかはどうでもいいけど…な
男の自宅を中心に2、3軒のご近所を縄張り、通り道にしている
ノラ猫(ベネツィアでは自由猫とも、また最近ではTNR運動
がらみで地域ネコとも呼ばれている)達と、雑種でかつ苦労してるネコを
応援しよっ!という男の一方的な交流を綴ったものです。
ご迷惑かもしれませんが、ま、見てやってください。

« 光の帝国 | トップページ | 「出よ!未来のシートン、千石正一」 »

週刊ネコ通信「Cradle」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/11725861

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハートを席巻、プーマ」:

« 光の帝国 | トップページ | 「出よ!未来のシートン、千石正一」 »