2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 「出よ!未来のシートン、千石正一」 | トップページ | まなみマタニティ、略して「まなティー」 »

2006年9月 3日 (日)

Kyon2とデュエット

 昨夜の夢は、小泉今日子だった。彼女と「丘を越えて」みたいな曲をデュエットで歌った。カラオケではない。カセット・レコーダーに録音したのだ。ジョンとポールみたいなハモリをうまくつけることが出来た。
 すぐとなりに小泉がいることはわかるのだが、近すぎてかえって彼女の顔は見えない。彼女は、まだ30歳になったばかりのようだった。こぼれるような笑顔が、囁くような歌声に感じられた。
 夢からさめると、その感触は急速に遠のいて行く。彼女の息づかいよりも、マイクの実体感の方がまさる。そして、そんな夢を見たということだけが、こうして記録として残るのだ。

 量子理論では、夢というのは、並行宇宙での現実の可能性もあるのだが。

« 「出よ!未来のシートン、千石正一」 | トップページ | まなみマタニティ、略して「まなティー」 »

晴れた日には永遠が見える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/11741063

この記事へのトラックバック一覧です: Kyon2とデュエット:

« 「出よ!未来のシートン、千石正一」 | トップページ | まなみマタニティ、略して「まなティー」 »