2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな


無料ブログはココログ

« 鈴木慶一さんの夢 | トップページ | カフェ・ルモンド・ウィークリー »

2006年8月25日 (金)

目をつぶってもあるものはある

 国際天文学連合の総会で(IAU)で、冥王星が太陽系の惑星から除外されたという話題。それほど大きく報じることでもあるまいに、と思うのは私だけだろうか。
 別に軽んじていいというのではないが、冥王星が姿をくらますというわけではないので、文部科学大臣がつい教科書の書き換えにしか言及しなかったという教養のなさには目をつぶろう。
 太陽系のメンバーから外されて、重要度は多少減るかもしれないが、冥王星の存在は存在だ。太陽系のあるべき姿は、会議によって決められるのだということを、子どもたちに教えるいい機会だと思う。
 そういう場面はどこそこにある。枠(規制)をかぶせることが必要なことも。そこには人間の都合が反映されることも多いが、それでもそうやって物事をわかりやすく整理することで、人類は技術や文明を発展させてきたのだ。そこいら辺を解説して、またあってはならない「差別」とも区別して教えてやってくださいね。

« 鈴木慶一さんの夢 | トップページ | カフェ・ルモンド・ウィークリー »

晴れた日には永遠が見える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目をつぶってもあるものはある:

« 鈴木慶一さんの夢 | トップページ | カフェ・ルモンド・ウィークリー »