2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« Try&Disclose | トップページ | 「空をこえて。ラララ銀河」 »

2006年7月17日 (月)

夏休みの不自由研究・節水社会実験

 熊本市の節水社会実験、今年で2回目である。リビング熊本7月1日号に広告が出ていた。くま経プレス7月号には「守ろう!熊本の地下水」という記事があった。熊本市では生活用水のほぼ100%が、熊本県全体ではやく83%が地下水で賄われているとのこと。ただし、県の83%というのは平成9年の統計。これはちょっと古すぎる。

 そこで、生活用水の無駄な使用をなくし、大事に使おうという運動がここにあるわけですが、雨が少なくても水の供給には支障が出ない熊本では、節水意識の向上は至難の業である。
 素人考えだが、地下水が枯渇したら、それを取り戻すにはおそらく100年単位の時間が必要なのではないか。と、そこら辺を強調しないと、危機感は出てこないと思われる。

 それに、だ。果たして生活用水だけの問題かということもある。誘致企業による地下水の汲み上げの比率は、全体からすると減少しているというが、数字が出ていないだけに信じがたい。少子高齢化が進めば、生活用水の使用の自然減もありうるのではないか。生活用水の節水は当然やらなければいけないことだが、工業出荷高を上げるために、地下水を切り売りしていることを隠してはいけないと思う。

 しかし、税収確保のためには、県民一人ひとりが我慢すべきだと言われれば、まあそれも致し方ないか。熊本市民が特に節水しなくてはいけないのは、地理的に最終消費地だし、人口も多いから仕方ありませんね。

« Try&Disclose | トップページ | 「空をこえて。ラララ銀河」 »

リビング・イン・くまもと」カテゴリの記事

コメント

どうも、いつもコメントありがとうです。節水実験。全然、消費者に伝わってないですね。我々は業者なので、何となく敏感に情報が入ると思いますが、一般の方々にお知らせするには、今の告知方法では、全然ピントこないと思います。もっとやるからには、お役所さんが全面に出張って、体を張って推進して頂きたいものです。

土曜日市長に会いましたよ。まぁ選挙が近いとはいえ、10人ほどの集まりに、色んな意見を聞こうと出てきた態度は”前向きやな”と感じました。

そこでも出ました「節水運動」の話。ここのところの猛暑で10%削減どころでは無さそうです。企業の取水の話も良く考えたらデカイIT企業も飲料水メーカーも市外の方が多い。難しい問題のようです。

インパクトで言えば”料金値上げ”ですね。地下水を使う為コストが余りかからず、他と比べれば低い料金体制になってるようです。とにかく何をやるにもインパクト「目玉施策」やね。

こんど誘いますので。。

最下流の熊本市だから、
雨水涵養しても、有明海(これは冗談)。
絞るしかないですもんね。

やっぱり、上流域での涵養。

少しずつは改善してると信じたいが、
成果は見えにくいし、
現れるのにも時間がかかります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/10975987

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの不自由研究・節水社会実験:

« Try&Disclose | トップページ | 「空をこえて。ラララ銀河」 »