2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 「傷だらけのタンゴ」 | トップページ | もうひとつの別の…>5/27/2006・k315 »

2006年6月 3日 (土)

『追憶』のテーマ

 1週間ほど前の雨模様の平日(雨以外の日の方が少ない昨今)、仕事の途中で立ち寄った「水前寺江津湖公園・広木地区」。ちょうど、芝刈りなどの作業中で、きれいになっているところだったし、雨の日は緑が滴るように美しくもあり、で気持ち的にウェットだったのかもしれないが、こういう場所はこういう自然に近い形で、あんまり活用とか考えない方がよろしいなと思った次第。いまでも十分手を入れられているわけだし。

              写真のDscf0068管理棟は、熊本アートポリス(KAP)参加。牛田英作+キャサリン・フィンドレイの設計で、1999年の作品。屋根上には、草が生えていて、というか植えられている。屋根の四隅からは、滲みこんだ余分の 雨水が滴り、その下の小石を敷き詰めた井戸枠を通じて、地下に浸透します。

« 「傷だらけのタンゴ」 | トップページ | もうひとつの別の…>5/27/2006・k315 »

リビング・イン・くまもと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/10372134

この記事へのトラックバック一覧です: 『追憶』のテーマ:

« 「傷だらけのタンゴ」 | トップページ | もうひとつの別の…>5/27/2006・k315 »